宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
うさぎのたまごは夕やけいろ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさぎのたまごは夕やけいろ

  • 絵本
作: 神沢 利子
絵: 渡辺 洋二
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うさぎのたまごは夕やけいろ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年07月10日
ISBN: 9784406021906

幼児〜小学校低学年

この作品が含まれるテーマ

はさみ虫のおかあさんがだいていた真珠色のたからものがたまごだったなんて! 鳥もさかなも虫も、一番はじめはたまごだったこと、世界はたまごでいっぱいなことを知って、モコはびっくり。いのちの不思議に心をふるわすかわいいモコのお話。


ベストレビュー

じゃあ、人間のたまごは何色かな?

うさぎのモコのシリーズです。
モコが宝物を土の中に埋めようとすると、先客がいます。はさみ虫のおかあさんです。おなかの下に真珠の玉のような宝物をたくさん隠していて、あっちへ行けと怒っています。
仕方なく川原へ行ったモコが、今度はおもしろい丸い石を見つけて拾おうとしたら、こちどりのおばさんが、石じゃなくて私のたまごだと言い・・・。

好奇心旺盛のモコが、3〜4才くらいの小さな子たちの姿と重なり、ほほえましいシリーズです。憎まれ口をたたいたりもするけれど、たまごの中の赤ちゃんに歌をうたってあげる優しい面もあります。
うさぎのたまごは何色かな?
じゃあ、人間のたまごは??
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / さるとかに / さんびきのくま / くろねこトミイ / おばあさんのひっこし / やさいのともだち

渡辺 洋二さんのその他の作品

ちいさなこだまぼっこ / そうちゃんはおこってるんだもん / こいぬをむかえに / 渡辺洋二の島・ふとんかいすいよく / ぼっちたちの夏 / 雨の日の午後



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

うさぎのたまごは夕やけいろ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット