なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
岸田衿子詩集 たいせつな一日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岸田衿子詩集 たいせつな一日


出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784652038499

小学中級〜中学生向

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

優しく導くような言葉を紡ぎだす岸田衿子の作品から選び抜かれた51編。「だれもいそがない村」「りんごの木」などを収録。

ベストレビュー

岸田さんの詩を読む

卒業に贈る詩を探して、いろいろな方の詩集を読み始めました。

『パタポン』を再び読み返して、そういえば岸田衿子さんの詩もと思い、岸田さんの詩を読み始めてみることに。

岸田さんは、群馬県の浅間山麓に住まわれていたそうです。絵本を読んでいた時に「野イチゴ」が出てくるものが多かったのはそんなわけだったんですね。

私は特に都会に住んでいるというわけではないですが、インターネットもも普及して、情報の流れはさらに加速化している気がします。

自然の中で過ごすというのは、歩くスピードで時が流れていくようなもの。

岸田さんの詩集を開くと、自然の中に自分が身を置いているような気持ちになります。

「南の絵本」の「いそがなくていいんだよ」というフレーズ、「たいせちな一日」ではふと途中下車して自然の時間の流れを感じてみたくなるような思いにかられました。

物の感じ方、言葉での表現の仕方、ああこんな風に、こんな表現で切り取るんだと、自分にはできないことなので、「ああやられた」という思いがしました。

でも、そのやられたという思いも、何だか心地よいやられたという気分で、生活の中で心の中に降り積もってしまったものを一掃してくれるようなそんな気持ちよさがありました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

岸田衿子詩集 たいせつな一日

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット