貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
やせいりょうりこうえん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やせいりょうりこうえん

作: 山岡 ひかる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年11月
ISBN: 9784034603109

小学中級から
21cm×16cm 80ページ

出版社からの紹介

食べ放題に誘われた僕達が遭遇したすごい出来事!「いただきます」という言葉がしみてくる傑作絵童話。

ベストレビュー

食べたい〜

「やせいりょうりこうえん」というタイトルに惹かれました。
野生の料理の公園?
表紙の絵を見ると、料理があちこちにいるし・・・。
読まずにはいられませんでした。
タイトル通り、野生の料理たちが生息する公園でした。
500円で食べ放題という魅力的なチラシにつられ、やってきた親子。
とにかく!おいしそう〜〜な料理がわんさかいる公園!
読みながらお腹がぐーぐー鳴りそうなほどなのですが・・・
甘い!!!
野生なだけあり、料理たちも食われまいと必死なのです。
目の前においしそうな料理がありにも関わらず、なかなか食べられないという過酷さ。
歯がゆい〜!!
でもおもしろかったです。
色んな料理が出てきてどれもこれも本当おいしそうでした。
最後の「いただきます」も心に染みました。
(Yuayaさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

山岡 ひかるさんのその他の作品

はいちーず / いろいろきのこ / まねしてあそんで だっこでぎゅっ / いっしょにさわって みーんなにっこり / いろいろおすし / ぽかぽかすずめ



「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

やせいりょうりこうえん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット