庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
木のなかのふしぎな家
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

木のなかのふしぎな家


出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥951 +税

「木のなかのふしぎな家」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

大きな木の上の生活、心地よさそう!

スウェーデンの作者のおはなしです
エドワードという男の子が、見つけた羽のついた種は、植えると大きな木になりました。
おひさまがいろんな 表情しているのです。
大きな木は、見たこともないくらいの大きさです。
木から降りてきたかごに乗った エドワードは、すばらしい木の上の家の中にはいるのです。
夢のようですが、すてきだな〜
夕食も用意されていて 食べた後 木の上で 夕日を眺めるなんて なんて ロマンティックでしょうね(あこがれます! )

そしてふしぎな 生活が エドワードの目の前に現れるのです。

なんと 月日がながれて 秋 風がつよい風をふく絵が 優しくて ふくよかで、いいな〜
木の葉は色づき エドワードが葉っぱをはきあつめたり 五日目は、もう冬 雪がたくさん積もっています。
なんと早く月日が流れるのでしょうね
春 小鳥のように飛んでみたいと空中をジャンプします
なんと 木はなくなり エドワードは、地面に座っていたのです

おや? 
木の上の家の生活は 夢だったのかしらね?
彼の夢の世界だっzたのかもしれませんが 
木の上の家 楽しそう! あこがれますね! 
太陽がいつも見守ってくれているようでした。木の絵がユニークで優しくて 見ているだけで 気持ちが優しくなるのです。
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

木のなかのふしぎな家

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット