バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
かえると王子さまの恋物語 どんでんがえる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かえると王子さまの恋物語 どんでんがえる

  • 絵本
作: ルイジ・ダル・チン
絵: フランチェスカ・グレーコ
訳: せきぐちともこ
出版社: 河合楽器製作所・出版事業部

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かえると王子さまの恋物語 どんでんがえる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

大どんでんがえし

池には沢山のカエルが住んでいました。しかし一匹また一匹と少なくなっていきます。旅の途中の王子様がカエルにキスをするとカエルはきれいな、お姫さまの姿に変身してしまうのです。お姫さまになったカエルをつれて帰り幸せに暮らします。とうとう、最後の一匹になってしまったカエルは次は、自分がお姫さまになるのだと、わくわくしながら王子様を待ちます。やっと現れた王子様に気付いてもらいたくて、がんばっているカエルは、けなげでかわいい。カエルが、王子様と幸せになってほしいと応援してしまいます。最後のどんでんがえしは、子供達にも、大うけでした。外国の人が描いたカエルはみんな足が長いと思うは、私だけでしょうか。
(てらちゃんさん 30代・ママ 男の子12歳、女の子10歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

せきぐちともこさんのその他の作品

オデュッセウスの旅 / ゆきのひのポンテ / ともだちおもいのろばくん / おとこのこなんてだいきらい だってね・・・・・・ / ジョットという名の少年 羊がかなえてくれた夢 / おんなのこなんてだいきらい だってさ・・・・・・



働くパパママへエール!ちょっぴりホロリなあったか家族の物語

かえると王子さまの恋物語 どんでんがえる

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット