なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
やまの花まつり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やまの花まつり

作: たかぎ あきこ
絵: つちだ よしはる
出版社: リーブル リーブルの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「やまの花まつり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年3月
ISBN: 9784947581075

小学校低学年から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

子どもたちが花や実で花御堂を作り、花びらをまきながらおしゃか様を薬師堂に運び、お参りします。
埼玉県吉田町塚越の「花まつり」(5月)

ベストレビュー

子どもが主体のおまつり。うらやましいな。

こどものまつりを題材にした、ちょっとユニークなシリーズ絵本です。
これは、埼玉県吉田町塚越で、5月3日〜4日に行われる花まつりを、1年生のあこちゃんたちや、上級生のごうくんたちを登場人物として、わかりやすく、いきいきとしたお話に仕立てています。

美しい春の花々を、子どもたちが集め、花御堂を作り、上級生の男の子たちは神社に泊まり込んで、まつりの日を迎えるそうです。準備からすべて子ども主体のおまつりなんて、ワクワクするでしょうね。(我が家の子どもたちもうらやましそう。)
その地域ならではの伝統を、ずっと残していってほしいですね。

またまた、長女の好きなつちだよしはるさんの絵が、なんとも美しく、花まつりの雰囲気にぴったりです。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たかぎ あきこさんのその他の作品

ねんねのうた / たべものうた / おっぱいのうた / おやつのうた

つちだ よしはるさんのその他の作品

はなびらがとんできた / はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ / だあれ?だあれ? / だっこだっこ / げんききゅうしょくいただきます! / おじいちゃんとケーキをつくろう



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

やまの花まつり

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット