おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
お月さまたべちゃった?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

お月さまたべちゃった?

  • 絵本
作: 檀晴子
絵: 高瀬のぶえ
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「お月さまたべちゃった?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1986年
ISBN: 9784751514221

幼児〜小学校中学年

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

くま君はお月さまが大好き。ところがある朝、目を覚すとおなかが光ってる。お月さま、ポロンとかけている。お月さま、食べちゃったの?

ベストレビュー

お月さま、食べてみたいね♪

お月さまが大好きな息子の為に購入した絵本です。
(3〜4歳の頃だったと思います)
6歳になった今でもひっぱりだしてきて読んでいます。

くまくんはお月さまが大好き。
くまくんの夢にはいつもお月さまがでてきます。
夢の中でくまくんはお月さまを食べたりもします。

そんなくまくんのお腹が、ある朝ピカピカ光っていました。
夜になってお月さまを見ると、お月さまがかけています。
「僕がお月さまをたべちゃったのかな?」
さぁ、大変。
驚いたくまくん、何とかお腹の光を消そうとします。
洗っても洗ってもなかなか光は消えません。
友達が「遊ぼう」と誘いにきても、お腹の光が気になって一緒に遊ぶことも出来なくなりました。
そして元気もなくなってきました。
でも…。

幼い頃の息子は、くまくんの気持ちがよくわかったのでしょうか?
ドキドキした様子で絵本を見つめ、聞いてくれていました。
とっても可愛らしい内容と絵で、小さなお子さん〜長く楽しめる絵本だと思います。
(オーレリーさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

檀晴子さんのその他の作品

どうしたの おさかなくん?

高瀬のぶえさんのその他の作品

ただいまぁ / かぶとむしくわがたむし / 紙芝居 ひもが一ぽん



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

お月さまたべちゃった?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット