十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
デゴイチものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

デゴイチものがたり

作: 萩坂 昇
絵: 伊藤悌夫
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「デゴイチものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

川崎市の小学生に

戦中戦後を走り抜いたデゴイチの物語です。
この本の主役、デゴイチ408号は偶然にも私の住んでいる川崎市の公園(生田緑地)におかれています。その公園は子供の頃私のよく遊びに行った公園で、そのデゴイチも知っているのですがこんな本が出ていたなんてしらなかった。小学校の頃、戦争について勉強する時間がありましたが、この本をしっていたらよかったなあ、と思いました。広島の原爆の話や、戦後の買い出しの混乱、話としては知っていてもなんか自分とは別世界の話のような気がしたものです。それらの出来事を、あのデゴイチが体験していたと知っていたら感じ方が違ったと思います。
うちの息子は小さいので、戦争の話を突っ込んでしたりはしなかったのですが、山手線を走る話や、迫力ある絵に大満足でした。

(がぶりタローさん 20代・ママ 男の子3歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


萩坂 昇さんのその他の作品

かっぱどっくり

伊藤悌夫さんのその他の作品

名犬ビンゴ / 紙芝居 おやゆびひめ



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

デゴイチものがたり

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット