まほうつかい まほうつかい まほうつかいの試し読みができます!
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
まほうをかけられると、あれあれ!? たのしいしかけ絵本
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ベルナとみっつのさようなら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ベルナとみっつのさようなら

作: 郡司ななえ
絵: 日高 康志
出版社: ハート出版

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ベルナとみっつのさようなら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

ベルナちゃん、大事にされて幸せね

大人になってから失明された郡司さんがの盲導犬ベルナ。ベルナに我が家の子供達が会ったのは「ベルナの目はななえさんの目」という絵本でした。この本を知ってから、街で盲導犬をよく見かけるようになったような気がします。本当は盲導犬に気がつくようになったのでしょうね。今日も訓練中らしき盲導犬の卵に会いました。

ベルナが失明してしまった。犬にも白内障があるの?というのが、この本の1ページめを読んでの驚きでした。ベルナのことを知ってから、年をとった盲導犬はリアイアして別の家族のところでかわいがってもらうということも知っていましたので、ベルナがそのままななえさんと暮らしたことが驚きでした。子供達も、目の見えない人と目の見えない犬とどうやってでかけるのかなあ、と言っていました。そんなベルナと、近所の幼稚園出かけてお話の会をしてしまうななえさんの行動力に頭がさがります。

目の見えないおかあさんとベルナを支えたのは、みきたくんだったのですね。赤ちゃんの時からベルナと一緒のみきたくんにとって、きっと、ベルナをリタイアさせるなんて考えられなかったのでしょう。赤ちゃんのときはベルナに助けてもらったみきたくん。今度はみきたくんの番。

それにしても、犬の寿命を考えれば仕方ないこととはいえ、ベルナが死んでしまうところでは、涙してしまいました。ベルナがいなくなってしまってななえさんはどうするのでしょうか?新しい盲導犬との生活が始まるのでしょうか?
(えっこさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


郡司ななえさんのその他の作品

もうどう犬リーとわんぱく犬サン / ベルナとなみだのホットケーキ / ボクがベルナのめになるよ! / ベルナもほいくえんにいくよ!

日高 康志さんのその他の作品

えほん かえってきたジロー しばいぬ・



【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

ベルナとみっつのさようなら

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット