くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
きんいろのはね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きんいろのはね

作・絵: 田中 伸介
出版社: 文芸社

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きんいろのはね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

さびれた港町に舞い降りた黄金の羽を持つ犬。郵便配達のおじいさんに拾われ、やがて配達の手伝いをするようになりました。ある日、病気の父親と娘を乗せて病院まで連れて行きましたが、病気は治ったものの彼らにお金はありません。医者は犬の黄金の羽を数本もらって満足するのでした。翌日から噂を聞きつけた人が羽をもらいにきたため、飛ぶのも苦労するほど犬の羽はボロボロになってしまいます。そんなある日、港町に大津波が迫ってきます。危険を知らせるため、犬は鐘楼へ向かって飛び出します……。前作『しあわせのはね』に続く、感動の“字のない絵本”第2弾!

ベストレビュー

僕はヒーロー

この「きんいろのはね」は言葉(せりふ)が無い分、子供に自由な感覚で読み聞かせる?ことが出来、読んでる間もお互いが思うことを話しながらだったので、久しぶりに“父と息子”の楽しい時間を過ごすことが出来ました。読み終わると子供も自分なりに何かを感じたのか、「わんわん」と吠えながら、手を羽がわりに「びゅ〜ん・ぱたぱた」と飛び回っておりました…「びゅ〜ん・ぱたぱた」も良いけど、本当はパパは主人公の犬の勇気・優しさを一番感じてもらいたかったのに…でも急に息子が近づいて来て、「パパがこまったときにはたすけてあげるからね」とガッツポーズ。細かなところは抜きにして、ちょっとうれしかった。ただ読んであげるだけの絵本と違い、子供とコミュニケーションをとりたいお父さんには良いかも!!
(こうのすけさん 30代・パパ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

田中 伸介さんのその他の作品

しあわせのはね Reprint edition / きんいろのはね 復刻版 / なくしものくじら / ネコとツリー / クモノス / ありがとうさようならベス



「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

きんいろのはね

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット