パパのぼり パパのぼり
作・絵: きくち ちき  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
お父さんと一緒に遊びたくなる!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
一千一秒物語 タルホと遊ぶ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

一千一秒物語 タルホと遊ぶ

作: 稲垣 足穂
絵: 楠 千恵子
出版社: 朝日クリエ

本体価格: ¥1,143 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「一千一秒物語 タルホと遊ぶ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年08月
ISBN: 9784903623214

四六判並製 148ページ

出版社からの紹介

足穂先生の『一千一秒物語』と出合ったのは、デザイン専門学校生のころ。
なにもが夢物語のような、さっぱり訳の解らぬ感覚に捉えられ、
この70のお話に絵を付けようと決めました。
それさえできたら、私の人生は良しとしよう、と。
絵本作家・楠千恵子が、ライフワークとして、タルホ文学を見事に
イメージ化した注目の画本。

〔著者(いながき・たるほ)紹介〕
 1900年大阪市生まれ。関西学院中等部卒後、上京。佐藤春夫の知遇を得、
小説を書き始める。1922年、「チョコレット」を発表。翌年『一千一秒物語』
300部を 処女出版。『弥勒』『A感覚とV感覚』『少年愛』などがある。1977年没。
三島由紀夫は、稲垣を「昭和文学のもっとも微妙な花のひとつ」と絶賛、
松岡正剛氏は『一千一秒物語』を評して、「たまげた。こんなにシャレたものが世の中
にあること自体が奇蹟のように思われた」と、最も影響を受けた本の一冊にあげている。

出版社おすすめ


稲垣 足穂さんのその他の作品

一千一秒物語 / 一千一秒物語



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

一千一秒物語 タルホと遊ぶ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット