庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
カラーでわかるガイドブック  知ってる?正倉院
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カラーでわかるガイドブック 知ってる?正倉院

  • 児童書
作: 奈良国立博物館(監修) 読売新聞社(編集)
出版社: ミネルヴァ書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年06月
ISBN: 9784623060177

小学生から
B5・128ページ

出版社からの紹介

「宝物にかかわった人たちの思いがきっと伝わる」
杉本一樹氏(宮内庁正倉院事務所長)

正倉院には、1250年も守り伝えられてきた、世界にほこる宝物があります。
正倉院の宝物を紹介する本はいろいろありますが、とくにこの本は、文章にふりがながついていますので、小学生低学年からでも読めると思います。紹介された一つひとつのお話をつなげて、現在までの正倉院の歴史をたどっていくと、それぞれの宝物にかかわった多くの人の思いもきっと伝わるのではないでしょうか。
実際に宝物を見たことがある人にはその思いをさらに深めてもらえると思います。まだ正倉院に来たことがない人には、この本を手に、ぜひ一度奈良に足を運んで宝物が伝えられた場所に立ってもらいたい、秋の展覧会で、本物のすばらしさを自分の目で確かめてもらいたい、と願っています。

正倉院の宝物は、今から約1250年前の奈良時代に納められました。そのなかには、世界中の珍しい材料と高度な技術が使われた美術・工芸品がたくさんあります。
これほど古い宝物が、倉にまとめられ、今なお美しいままの姿を見せてくれるのは、世界でも正倉院だけなのです。
これらはいったいどのようにつくられ、またどうやって長い間守り伝えられてきたのでしょうか。
これからその秘密を見ていきましょう。

[ここがポイント]
◎ 正倉院ゆかりの聖武天皇と光明皇后や、命をかけて海を渡った遣唐使たちなどかずかずのエピソードをまじえながら、写真やイラスト入りで宝物の知られざる謎をわかりやすく紹介。

◎ 漫画家の里中満智子氏によるエッセイや、雅楽奏者の東儀秀樹氏、東大寺関係者などへのインタビューを掲載。

◎ すべての漢字にふりがながあるので、小学生からたのしく読むことができ、 歴史などの「調べ学習」にも最適。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




ハッピーなおやすみのえほん!

カラーでわかるガイドブック 知ってる?正倉院

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット