雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
はじめ小さな草原に
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はじめ小さな草原に

作・絵: よどがわきんたろう
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,500 +税

「はじめ小さな草原に」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

争いがむなしいのか、人間がむなしいのか――
赤と青と黄色の民族が泉を求め、村をつくり幸福を生み出したが、共存できずに争いを起こしてしまう。なぜ争いは起こるのだろうか。優れた表現力で描く、人間の本質について深く考えさせられる絵本。
第23回新風舎出版賞特別テーマ賞受賞作品

ベストレビュー

難しいなと思ったら…

難しいです。
結局、泉はいったい誰のものだったのでしょうか。
先着順?それとも皆の共有財産?
よく見るとポンプを設置したのは紛れもなく悪役「赤」の人。
どうやら「みんなで仲良く使えばよかったね」という
単純な話ではないような気もします。
そこで、一緒に読んだ6歳の息子に感想を聞いてみたところ
「赤い人や黄色い人や青い人なんて本当はいないんだよね。」とのこと。
いや、そういう問題ではなくてさ…と言いかけて、
あ、そうなのか?そこなのか?と、目からウロコ。

……泉はいったいだれのものだったのでしょう
という一文に踊らされてしまったのは、恥ずかしながら親のほうでした。

難しいテーマだと思うときは、ぜひ、お子さんとブックトークを。
驚くほどの想像力と観察力を発揮してくれるかもしれませんよ。
(グレープフルーツ・ムーンさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どうぶつドドド
    どうぶつドドドの試し読みができます!
    どうぶつドドド
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    動物をたくさん置いてドミノ倒しをしよう!第22回日本絵本賞読者賞【山田養蜂場賞】受賞

よどがわきんたろうさんのその他の作品

ビッグママと七ひきのこいぬ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

はじめ小さな草原に

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット