雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
おやとい外国人とよばれた人たち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おやとい外国人とよばれた人たち

ベストレビュー

現存する施設

土木の絵本シリーズ第3巻です。副題は、異国にささげた技術と情熱。
主な登場人物は、鉄道のモレル(イギリス人)、灯台や港建設のブラントン(イギリス人)、水道や港建設のパーマー(イギリス人)、港や河川のドールン(オランダ人)、河川のデ・レーケ(オランダ人)、北海道開拓のケプロン(アメリカ人)です。
日本が鎖国時代から近代国家へ移る間際、独自の土木技術力が無かった日本が、これら外国人の力により近代化していった時の話です。
中でも、「日本鉄道の恩人」とたたえられたモレルの話には泣かされます。彼は新橋−横浜間の鉄道建設に携わっていたのですが、在日1年半で過労のため開通を見ることなく亡くなってしまいます。その他、29年間も黙々と日本の河川工事に身をささげたデ・レーケの話など、すばらしい外国人のおかげで現在の日本基盤が作られたと言うことを実感できるお話です。正直、感動いたしました。
内容がすこし難しいですが、小学校低学年のお子さんでも理解は出来ると思います。また、彼らの建設した施設は現存していますので、もし近くにあるようでしたら見学に行かれては如何でしょう。
(ジョバンニさん 40代・パパ 男の子7歳、女の子3歳)

出版社おすすめ


おがたひできさんのその他の作品

海をわたり夢をかなえた土木技術者たち / 近代土木の夜明け / 水とたたかった戦国の武将たち / 人をたすけ国をつくったお坊さんたち

かこ さとしさんのその他の作品

こどものとうひょうおとなのせんきょ / 世界の化学者12か月 / 出発進行! 里山トロッコ列車 / しろいやさしいぞうのはなし / かこさとし あそびずかん はるのまき / かこさとし あそびずかん ふゆのまき



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

おやとい外国人とよばれた人たち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット