雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
花はどこから 花・花びん・水をめぐる3つのものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

花はどこから 花・花びん・水をめぐる3つのものがたり

  • 絵本
作: 一澤ひらり
写真: 大西 暢夫
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「花はどこから 花・花びん・水をめぐる3つのものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年11月
ISBN: 9784834021523

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ものはどこからどうやって目の前に立ち現れてくるのか? 花は花屋さんから生産者まで、ガラスの花びんは町の花器店から吹きガラスの工場まで、水道水は浄水場から取水堰まで、徹底取材を写真で伝える社会科絵本!

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大西 暢夫さんのその他の作品

ここで土になる / 農家になろう(2) ミツバチとともに / ちしきのぽけっと(13) 糸に染まる季節 / ぶたにく / 徳山村に生きる / おばあちゃんは木になった



コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

花はどこから 花・花びん・水をめぐる3つのものがたり

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット