ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
オリバー、世界を変える!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オリバー、世界を変える!

  • 児童書
作: クラウディア・ミルズ
訳: 渋谷 弘子
絵: 菅野 博子
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784378014876

小学校低〜中学年
A5判/124ページ

出版社からの紹介

どうしたら、両親にわかってもらえる、この気持ち?
オリバーが幼いころ病気がちだったため、おかあさんは心配でなりません。だからなんでもオリバーの先まわりをして口を出したり手を出したりしてしまいます。
オリバーもそれが習慣になっていて、なんでも両親、とくにおかあさんにしてもらうことがあたりまえになっています。そのオリバーが、理科の授業で、太陽系の惑星からはずされた冥王星のことをしって、少しずつ変わっていきます。
……人気作家、クラウディア・ミルズの楽しいお話です。

ベストレビュー

子どもの自立

オリバーの母は過保護であり、過干渉。
幼稚園のころ、体が弱く入園を一年延ばしたことから、今までずっとオリバーのことを心配してきました。

合宿に参加するのはだめ。
テレビアニメを見るのもダメ。
おやつは母の手作りで、
夜寝る前の歯みがきは最低2分間。
学校の宿題は一緒にやる。
(でも実際は意見を言ったり作ったりするのは両親で、オリバーは見てるだけ!)

こんな両親に息苦しさを感じているものの、思ったことも言えずに最初から諦めることを覚えたオリバー。
学校の授業で惑星について勉強しました。
惑星は少し前まで9つ、でも冥王星が外され8つになりました。

宇宙についての学習が終わってから行われる宇宙合宿。
参加したいけど、両親はもちろんダメと言うに決まってる!と諦めているオリバーは、惑星から外された冥王星に自分を重ねます。

母としては分かってはいても、つい同じような事をしてしまう時もあるので、猛省。
自分の子どもに対する評価が低く、自分が何とかしなきゃ!と思ってしまうのも分かりますが、そこで距離を置いて自分自身でさせると意外とできたりするんです。
ビックリしますが、それがまたうれしくもあります。
親こそ読んだほうが良い本ですね。
(ヤキングさん 20代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

クラウディア・ミルズさんのその他の作品

わすれんぼライリー、大統領になる!

渋谷 弘子さんのその他の作品

君の話をきかせてアーメル / テレビを発明した少年 ファイロウ・ファーンズワース物語 / トマス・ジェファソン本を愛し、集めた人 / お話きかせてクリストフ / ジェドおじさんはとこやさん / マイケル・ジョーダン バスケの神様の少年時代

菅野 博子さんのその他の作品

はなちゃんの はやあるき はやあるき



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

オリバー、世界を変える!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット