もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
あと少し、もう少し
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あと少し、もう少し

  • 児童書
著: 瀬尾まいこ
出版社: 新潮社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年10月
ISBN: 9784104686025

B6

この作品が含まれるテーマ

内容紹介

襷を繋いで、力を振りしぼって、ゴールまであと少し。誰かのために走ることで、つかめるものがある…。寄せ集めのメンバーと頼りない先生のもとで、駅伝にのぞむ中学生たちの最後の夏を描く、清々しい青春小説。

ベストレビュー

あと少し、もう少し

運動部で中三の夏というと特別の意味を持つものではないでしょうか。

毎年、夏の大会で県大会に出場している駅伝部なのに、今年は顧問が異動し、新しい顧問は駅伝とは無縁の頼りない女性教師でした。

しかも、駅伝に出るメンバーは足りず、お先真っ暗というところからこのお話は始まります。

駅伝の走者の順に、それぞれの気もちが語られ、時にはぶつかりあい時には認め合いながら中学生たちは成長していきます。

タイトルの『あと少し、もう少し』というのが絶妙なタイトルであと少しがんばって走ればゴール、あと少し走れば次の走者にバトンが手を渡せる、あと少し走れば県大会に出場、それぞれの違った思いまたゴールに寄せる部員たちの共通な悲願が臨場感を持って迫って来ました。

また、自分が思っている自分と相手が見ている自分との相違、そんなことも話してみて気付くことができる。

夏休みに息子と一緒に読み、中学生になった息子はやはり県大会を目指してがんばっていた中三の先輩を重ねて読んでいたようでした。

部活をしている中学生はもちろんのこと、大人も楽しめる作品です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本

瀬尾まいこさんのその他の作品

新潮文庫 あと少し、もう少し / 卵の緒 / 幸福な食卓 / 卵の緒



寝かしつけに最適な水中絵本

あと少し、もう少し

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット