ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
morimoriさん 30代・ママ

裏表紙まで!
ななちゃんはペンギンが大好きな女の子で…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
森のおく 湖のほとり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

森のおく 湖のほとり

  • 絵本
写真: 大竹 英洋
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 2012年09月

小学3年生から
25X19cm 40ページ
たくさんのふしぎ 2012年9月号

出版社からの紹介

写真家の大竹英洋さんが初めてノースウッズに行ったのは、1999年5月のことでした。それ以来ノースウッズを撮りつづけて13年。最近、なぜノースウッズにばかり通いつづけるのかと聞かれることが多くなったといいます。13年間見つづけたノースウッズの魅力を満載したこの本が、その質問への大竹さんからの答えです。

ベストレビュー

厳しい大自然

 北アメリカのノースウッズの、広大で神秘的な美しい写真に見入ってしまいます。写真といっしょに書かれている文章もすてきです。力強くて、不思議さや楽しさが伝わってくる言葉だなと思いました。

 厳しい大自然の空や森、湖に圧倒されます。この森に何度も行っている作者の大竹さんがうらやましいなと思いました。
 ゆっくりページをめくって味わいたい本でした。
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子12歳)

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

大竹 英洋さんのその他の作品

そして、ぼくは旅に出た。 / ノースウッズの森で



どんな子の口もあーん!はみがきれっしゃがやってくる

森のおく 湖のほとり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット