ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
パパの極意

パパの極意

著者: 安藤哲也
出版社: 日本放送出版協会

税込価格: ¥770

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784140882481

サイズ:新書判
頁数:224ページ
付属:なし

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

破天荒で面白い!

まず、安藤パパは一般の会社員のパパとは違って、かなり破天荒。
他人から見たら面白いし、とても魅力的な人。
しかも家事や子育てにも積極的、地域活動にも参加するスーパーパパ!
だけど、一般の「会社に勤めるパパ」像が頭にある、私たちママから見たら、「大丈夫?」と思う場面もちらほら。
転職をくり返すところとかね。
安藤パパみたいに、才能・能力ある人の、目的ある転職だったらいいのだろうけど、
一般の人が考える転職と言うと、度重なるとイメージが悪くなったりもするし、
今も長く働いてくれる人を評価する会社はたくさんあるし、
どうしても収入の面に響いてしまう人が多いのも事実だから。
だから、安藤パパが書いているとおりの「パパ」に、みんながみんななれるわけではない。
でも、どこのパパも、もっと育児をしたい、関わりたいと思っているのです。
そのヒントになるエッセンスを、この本から少し盗むことは、普通のパパにもできるかも。
ここに書いてあることは、ママだったら自然にやっているようなこと。
もっと言うなら、私のような仕事をしているママは、
必要最低限やらなきゃ子どもと地域の中でコミュニケーションがとれなくなってしまうようなことです。
だから、パパだって、時間をやりくりして少しだけでも参加する事ってできると思う。
小さなことから少しずつ。
それを実感した本でした。
(シーアさん 20代・ママ 男の子2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

946円
1,650円
1,980円
1,210円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,730円
2,068円
550円
275円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

パパの極意

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら