新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

カドカワ学芸児童名作 ここから どこかへ

カドカワ学芸児童名作 ここから どこかへ

  • 児童書
作: 谷川 俊太郎
絵: 和田 誠
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

税込価格: ¥1,760

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784046534064

A5判

出版社からの紹介

あなたにはまだ、おばけが見えますか?名コンビ作の懐かしくて新しいお話。

ある日家の中で「へやのすみのおばけ」と出会った少年ぺったくん。「この世界にはいろいろなおばけがいる」と聞いたぺったくんは――。奇想天外なおばけたちとの出会いを通じて、世界といのちの不思議にふれる物語。

ベストレビュー

不思議な雰囲気のあるお話

谷川俊太郎さんの児童書?ということで図書館の新刊コーナーで見つけて息子に読んでみました。

ぺったくんとぱったさんとぴったさんは三人きょうだい。両親は南極の氷を調べて留守だそうです。

主人公の名前からして何だか不思議なこのお話。

題名の「ここからどこへ」というの何を指してのことなのか?と興味を持ちました。

主に、ぺったくんが会う不思議なおばけのことが書かれていました。

息子が特に興味を示したのがおならのおばけです。いいにおいのほうのおならおばけとか、おならおばけにも種類があるんですね。

他にもへやすみおばけとか、何だかわからないふわふわとした感じのお話で、でもどこか哲学的でもあるような、でも煙にまかれているような。

言葉で説明するのは難しいのですが、不思議な雰囲気のあるお話でした。

おばけものも子どもは好きなのでとても興味を示して聞いていました。

一人読みするなら中学年以降でしょうか。

感想を言語化するのが難しいのでまた読んでみたいと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,760円
1,650円
968円
825円
858円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

517円
2,750円
1,320円
385円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

カドカワ学芸児童名作 ここから どこかへ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら