決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい〜6さい対象 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい〜6さい対象 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい〜6さい対象の試し読みができます!
作: あきやま かぜざぶろう  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
100万部を超える人気シリーズ「1日10分でえがじょうずにかけるえほん」の決定版!

しいら☆さんの公開ページ

しいら☆さんのプロフィール

その他の方・50代・宮城県

自己紹介
保育士歴11年ちょっとで退職。子育て歴23年(+_+)ゞなんだりかんだりボランティアに首を突っ込んで・・・(^^ゞ興味のあるものには、なんでも挑戦♪
好きなもの
絵的なモノ・雑貨的なモノ・文字的なモノ・音楽的なモノ・踊り的なモノ
ひとこと
1日10個楽しい事探し♪
ブログ/HP
人、モノ、何でもいろいろな出逢いを紹介出来たら・・・と、思っています。

しいら☆の宝石箱

公開

しいら☆さんの声

3099件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 自分の存在意義  掲載日:2016/2/10
チャッピィの家
チャッピィの家 作: いまい あやの
出版社: BL出版
あっ!
「くつやのねこ」の作者さんですよね!?
絵がと〜っても洗練されていて
センスがとても素敵です

お話しの内容は
自分の存在が不安なわんちゃんが
主人公で、家出して・・・
ですが
このわんちゃんに自分を重ねるお子さんも
もしかしているかも・・・と思ってしまいました

そうそういいことには出逢わないというのも
現実的にありそうです
いいかなぁーと思うことでも
そうでもない とか
共感出来ることが多いです

おうちを抱えて持参する姿が
なんとも愛らしいです
最後は、ハッピーでよかった!
と、安心します
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 人生も!?ってことですか?  掲載日:2016/2/9
まばたき
まばたき 作: 穂村 弘
絵: 酒井 駒子

出版社: 岩崎書店
わっ!酒井さんの絵だ!!
と、本屋さんで表紙だけは見ていたのです

中味を見てなかったのです
とても気になっていました

その絵本を
図書館で見つけまして
家でゆっくり読みましょ・・・わくわく

と、なんと文字は

「しーん」「カチッ」「はっ」「ちゃぽん」「みつあみちゃん」

これだけ

で、なんとなく
「時間の経過」だな
とは、想像してますし
絵も酒井さんの素敵な絵ですし
絵だけ見てても美術作品「鑑賞」感覚です

でも、最後!最後にはびっくり なんです

「えっ!!」って声出しちゃったもの

う〜ん
これは、大人向けでしょ・・・
って、思ったのですが
いかがでしょう
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 気付き の 絵本  掲載日:2016/2/9
ごいっしょにどうぞ
ごいっしょにどうぞ 作: くすのき しげのり
絵: 武田 美穂

出版社: 廣済堂あかつき
くすのきさんの作で
武田さんの絵で
保育園や幼稚園では
日常にある風景です

家での兄弟姉妹でもありそうですが
小学校1年生位でも
まだまだ
見られる光景かも・・・

で、「けんかしないの!」「やめなさい!」
「なかよく、見れないの!」等
周囲の大人に
叱られるのではなく
怒られて 納得いかないまま
また同じ事を繰り返すんだよね(笑

ところが、さすが!くすのきさん
現場での経験なのでしょうか
ゆきこ先生の対応がとにかく素敵です
プロだなぁ〜と思います

難しい対応ではないのですが
日々、余裕なく過ごしている大人には
なかなか気付かないことなのかもしれません

「こころのまど」という冊子も付いていて
「子どもによりそい、大人に気づきをあたえるリーフレット」と
書いてあります
じ〜っくり読んでください
大人の方々♪

「ごいっしょに どうぞ」
なんて、素敵な言葉でしょ
自発的に言えるお子さんがいっぱいいるといいなぁ〜
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本の表紙を広げてみると・・・  掲載日:2016/2/9
くじらさんのーたーめならえんやこーら
くじらさんのーたーめならえんやこーら 作: 内田 麟太郎
絵: 山村 浩二

出版社: 鈴木出版
内田さん作品だ!
図書館新刊コーナーにありました

三輪さんの歌じゃないけど
だれかのために
何かをするって、いいことですよね!?

ペンギンさんたち、いっぱい
ん?
トド?
あらら・・・
白熊さんいっぱい・・・・

え〜っ!!

そうなんだ

温暖化のこともなんとなく絡んでいるのかな?
とか深読みすることなく(笑
単純に、楽しめます

だって、いろんな格好しているんですよ
みなさん

で、オチも現実ではありえないところが
またナンセンスでいいじゃないですか

頭を柔軟に
心も広く、柔軟にーの作品かと思います

文字も少なくっていいし
山本さんの絵もぴったりです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 深読みしちゃいました  掲載日:2016/2/9
かあちゃん えほんよんで
かあちゃん えほんよんで 文: かさい まり
絵: 北村 裕花

出版社: 絵本塾出版
絵本が嫌いな子に出逢った事はないし
いるーと
考えたことはありませんでした

嫌い ではなく
見れない のにはきっと理由があるのでは!?


「嫌い」と言ってしまう原因って何だろう?
と思った時に
けんちゃんのように
読んでほしいけど
そういう状況じゃない って思い込んじゃう
そんな子もいるのかな・・・と
悲しい想像をしてしまいました

こどもは小さいながらも
いろいろ考えているんですよね
お父さんの分も働いているお母さんへの
労わりの気持ち・・・
じ〜ん を心に沁みます

けんちゃんの
お誕生日のケーキの代わりに
仏壇のろうそくを
想像するところには
思わず笑ってしまいます

けんちゃんは、泣いたり困らせたりしない子なんだね
偉いなぁ
もっと偉いのは
途中までしか読んでもらえなかったけど
今度は、自分がお母さんに読んであげる!
って思っていること

出来過ぎのような気もしますが
けんちゃんと同じような環境にいる子や
そうでない子も
この作品を読んで、共感出来れば
いいのかな
と、思ったりします

忙しくってケーキは買えなくっても
プレゼントに絵本を選んで準備しているお母さん
柔軟な考え方をするお母さんも
本当に素敵です
一生懸命生きている姿を見せているお母さんの姿勢が
けんちゃんに反映されているんでしょうね

って、ちょっと深読みしてしまいました
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 実際体感してきたからこそ!なんですね  掲載日:2016/1/26
新世界へ
新世界へ 作: あべ 弘士
出版社: 偕成社
「今一番お勧め絵本」として
紹介していただきました

全ページためしよみ」出来る作品で
今、読みました!!

「かぎになれ」「さおになれ」って
わらべうたと同じだね
天の川!素敵
鯨の尻尾だけなのに
ものすごく広い奥行きのある海
山に残る雪の模様は、あべさんの遊び心
仲間?なのかな?すごい数の鳥・・・
ペンギン?じゃないの?
すごい遠い旅なんだなぁ・・・

と、何度も戻って読み返してしまいます

で、あとがきをじっくり読みます

へぇ〜、「カオジロガン」っていううんだ
ペンギンじゃなくって、「うみがらす」
あべさんが実際に観ているんですね

北極のスバールバル諸島
「北極はとても「生命(いのち)」にあふれる地でした

だって

う〜ん、素敵です
これは、実際の絵本を見てみないと!!

とっても素敵な絵本を紹介していただきました
感謝です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 軽快なテンポの名作  掲載日:2016/1/20
かもとりごんべえ
かもとりごんべえ 作: 西郷 竹彦
絵: 瀬川 康男

出版社: ポプラ社
国語の教科書で紹介されているとのことで
1年生の先生に頼まれて読んでみました

「はなさかじい」とこの絵本とのことでしたが
そういえば・・・
どちらも読んだことがなかったのです
この絵本
瀬川さんの絵だ!!
ってびっくりでしたし
声に出して読むと
とても読みやすく
リズム感があるというか
テンポがいいんです
なんで、これと別の紙芝居にしていただき
下読みをしっかりして・・・

場面の展開も早く
文字の量も今の1年生にちょうどいいし

さて、1年生ですが
かもの数を気になったり
「え〜っ」「そんなぁ〜」「またぁ?」
と、素直な反応で
読み終ると
頭を集めて、かも数えを楽しんだり

担任の先生も
「うわぁ〜
おもしろかったです〜
自分で読むより
おもしろいです
でも、こんな終わり方でしたっけ?」

他の「かもとりごんべえ」の絵本と
読み比べてみようっと!

昔話っていいですよーと言っているわりには
絵本で素敵なものを読んでないかも・・・と
思ったり

この作品は、なんと!1968年ですよ
名作かと思われます
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今の季節に!!ぴったり  掲載日:2015/12/10
リボンのかたちの ふゆのせいざ オリオン
リボンのかたちの ふゆのせいざ オリオン 写真・文: 八板 康麿
絵・構成: 杉浦 範茂

出版社: 福音館書店
テーマ「初冬」で
この絵本を選んだ方がいらして
私・・・知らない・・・

星座って
目が悪いのでよくわからなくって
小学生の時覚えて
見つけられたのが
北斗七星とカシオペアと白鳥座位・・・

でも、絵本や写真で見るのは
嫌いではなく

と、この絵本と〜っても文字が少なくて
でも、絵がしっかりしてて
とってもわかりやすいんです
親しみを感じるというか

冬、乾燥しているから夜空もきれい
たまには、何も考えずに
空を見上げて
リボンの☆を探してみませんか!?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お月様の季節に、ぴったりです!  掲載日:2015/9/11
紙芝居 十五夜さま
紙芝居 十五夜さま 脚本: 渋谷 勲
画: 藤田 勝治

出版社: 童心社
小学3年生の女の子2人!!に
読んでみました

「絵がなんか、見えにくい」

といつもかわいらしい今時のイラストを
お好みの方々なもんで
私としては、「あえて」なんですがね

お月見ー自体しているかどうか

お月様を見る暇もなく
毎日過ごしているような

でも
イベント=美味しいものを食べる

は、あるので
「おぼうさん?」
「何も食べなくてもいいの?」

と、見えにくい絵でも
「おはなし」の中へ入ってきます

静かなおはなしかと思いきや
途中に、びっくり!

そして、「そっかぁ〜」とのこと
「何が、そっかぁ〜 なの?」と
聞くと
いろいろ感じたことを話し始めます

感想を聴くことなく
余韻を持っておしまいーがいいのですが
2人だけだし
とにかく、お喋りしたいお年頃で
純粋な感覚を持ち合わせているんだぁ〜
と、感心してしまいますし
やっぱり昔話っていいなぁ〜
って思います

この紙芝居は年配の方にもいいかもしれません
秋にぴったりです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こどもなりの心配を表現  掲載日:2015/9/11
まほうのかさ
まほうのかさ 作: 小沢正
絵: はた こうしろう

出版社: 教育画劇
あら、あの子に似てる♪
表紙の魔女の女の子の絵が
気まぐれで
ちょっと性格はきついけど(笑
時々と〜ってもかわいい表情をする
知り合いの子にそっくり!

いちろうくんの気持ち、と〜っても
よくわかります
私は
体育より、運動会の徒競走が嫌で嫌で
びりか、びりから2番目か がわかってて
あ〜、やだやだ 
なんで、こんなことするんだろう〜
だったもんで(笑

夢に出てきた魔女の女の子
赤いかさを貸してくれるって
目を覚ましたら、ない・・・

でも・・・ある!

本当かな?
と、いちろうくんと一緒に
同じように考えられます

子どもなりの「心配」をうまく表現されています

いちろうくんの想像なのか
本当にあったことなのか
考えるだけでも楽しい

と、それと、体育がちょっとは好きになるのは
ちょっと直結でないけど
まっ、苦手なことを違う角度から見れば
それはそれで、心配する心が軽くなるのかもしれませんね

とにかく、絵がかわいくって
いいです〜♪
参考になりました。 1人

3099件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

長谷川義史さんのへいわな気持ちになる絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中