もったいないばあさんの おいしい あいうえお もったいないばあさんの おいしい あいうえお もったいないばあさんの おいしい あいうえおの試し読みができます!
著者: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
おいしいたべもので、ひらがなをおぼえよう!

しいら☆さんの公開ページ

しいら☆さんのプロフィール

その他の方・50代・宮城県

自己紹介
保育士歴11年ちょっとで退職。子育て歴25年(+_+)ゞなんだりかんだりボランティアに首を突っ込んで・・・(^^ゞ興味のあるものには、なんでも挑戦♪
好きなもの
絵的なモノ・雑貨的なモノ・文字的なモノ・音楽的なモノ・踊り的なモノ
ひとこと
1日10個楽しい事探し♪
ブログ/HP
人、モノ、何でもいろいろな出逢いを紹介出来たら・・・と、思っています。

しいら☆の宝石箱

公開

しいら☆さんの声

3990件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい オチがなんともおかしいです  掲載日:2018/6/18
ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう
ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう 作: いとう ひろし
出版社: ポプラ社
先日、大工さんを読んでから
また気になりだして
読み返しているルラルさん

なんと!
大工さんは、2018年の小学低学年の
課題図書になったようで、びっくり!
サキドリ!?してしまいました(笑

こちらも、星空・天体が気になる
夏休みに向けていいのかな?

と、ルラルさんらしいおはなしの展開!

宇宙人との交流について
考えさせられます
宇宙人だけでなく
自分達とは、違う存在に感じるモノについて
人間って、こういう考え方をするのではないでしょうか?

と、オチがおかしいです

なんとも、肩の力がスッと抜けるような
楽しく、癒される世界です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大事な大事な「心」について  掲載日:2018/6/18
心ってどこにあるのでしょう?
心ってどこにあるのでしょう? 作: こんの ひとみ
絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
「心」って何?
というのを
高校2年の時の保健体育の授業で
議論?話し合いをしたのを
覚えています
結局、結論は出ず
高校生の未熟な私は
もやもやしてました
数学のように、答えが決まっていれば
きっとすっきりしたでしょう

この絵本は、おもしろい着眼点だと思いました
こんのさんの文章で
言葉を聞くだけでもOKかと思います

いもとさんのかわいらしい絵が
小さい子でもOKなようなのです

こどもは、哲学者ですから
小さい頃にこの絵本に触れて
思春期に、ちょっと思い出して
この絵本を再度読んでみるのもいいのかもしれません

とても、大事なこと

まだ、私は、答えを知りません(笑
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 和菓子と洋菓子の素敵な出逢い!  掲載日:2018/6/18
よるのわがしやさん
よるのわがしやさん 文: 穂高 順也
絵: 青山 友美

出版社: 文溪堂
青野さんの絵だ!
全ページためしよみが出来る!!
ありがとうございます〜

なんとも、かわいらしい5人組
忍者!?になって
洋菓子屋さんに潜入

楽しそうです
まるで、テーマパーク(笑

そこで、出逢いがあるとは、びっくり

なるほどねぇ〜
それで、○○○大福が誕生するんですね(笑

この「よるのおみせやさん」シリーズ知りませんでした
他の2冊も読んでみたいです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 実は・・・本当かも!?  掲載日:2018/6/18
ねるじかん
ねるじかん 作: 鈴木 のりたけ
出版社: アリス館
鈴木のりたけ氏の作品だし
この表紙・・・
なんでポストと寝てるの???

気になる〜(笑

わ〜い!
全ページためしよみで楽しませていただきました

おもしろいです

寝かしつけたいママの様子もリアルです(笑
わかるわかる

寝床にいっぱいのお気に入りの玩具
これは、もしかして・・・
と、想定通り
そのまま出てきます!

夢?現実?

こどもは、いつもこんな世界で生きているのかもしれませんね

大人になると
現実ばかり(笑

一緒に楽しい世界を
この作品で楽しめますよ

最後の最後まで
オチが続いてます

すごい丁寧でリアル感ある絵に
圧倒されました

おもしろかった!!です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 科学写真絵本のすばらしさ!  掲載日:2018/6/11
杉山きょうだいのしゃぼんだまとあそぼう
杉山きょうだいのしゃぼんだまとあそぼう 出版社: 福音館書店
昨日、講座おはなし会実演で
この絵本読みました!!

知ってる方は少なかったようで

「うわ〜っ」

って、目をまんまるにして(笑
キラキラにして
喜んで見てくださってました

詳しい説明の細かい文字は
読みませんで
ゆっくり 大きい文字を読んで
間を大事に ページをめくります

シャボン玉あそびを
何回もしているでしょうに
それでも、この写真絵本の魅力が
どんどん伝わっていきます

科学絵本大好きで
紹介したいおばさんとしては
時期的にもぴったり!だったのでした

しゃぼん液の作り方も気になりますもんね(笑

私は「いっしょにとばそう いっしょにおどろう」の場面が大好きです
こども達の表情の素敵なこと!
自然の笑顔に勝るものはありません
いい写真です!!

小さい子だけでなく
小学生も喜びますよね!?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本当かもね(笑  掲載日:2018/5/14
おしりのねっこ
おしりのねっこ 作・絵: 林 なつこ
出版社: 教育画劇
新刊コーナーにあったのですが
2017年8月初版
昨年の夏でした

いもほりしたくないしろうくん
でも、昼寝!?するかなぁ〜(笑
昔話の怠け者ではないし(笑

収穫してすぐに食べれるかな???
と、辛口コメンテーターでした

「おしりにねっこがはえる」って
イマドキ使わない格言?言葉だけど
この作品を通して
楽しいイメージになっちゃうかも

ズボンが破けている場面がなんともおかしいですよね
で、絵本を閉じると・・・
クスッと笑えちゃう

裏表紙の人間の幼稚園ともぐらようちえんの様子
もぐらようちえんが、楽しそうです!!
ひとりひとりに名前が明記されているのもいいです

秋の収穫前に楽しめるかもしれませんね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ポルトガルの素敵な詩集のようなセンスのいい絵本!!  掲載日:2018/5/14
もしぼくが本だったら
もしぼくが本だったら 文: ジョゼ・ジョルジェ・レトリア
絵: アンドレ・レトリア
訳: 宇野 和美

出版社: KTC中央出版
小林 敏也 氏の版画かしら???
と、新刊コーナーから手に取りました

落ち着いた配色
詩 のような文章
なんて、素敵なんでしょう・・・
これは、大人向け???

と、読みふけってしまいました

そうしたら、ポルトガルの絵本とのこと!!
文章は、詩人の父親
イラストレーターとして活躍する息子が絵をつけた
親子による作品だそうで
数々のデザイン賞を受賞
すでに世界13言語で翻訳されているそうです

なるほど、納得

ふくべあきひろ氏の
いちにちシリーズをなぜか思い出してしまいましたが(笑

もしも本だったらーで
こんなに多く、深く、広く イメージ出来るとは
いやいや・・・感性の鋭さ
そして、イメージぴったりのセンスある絵に
拍手です

ほしい・・・です・・・(笑
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な絵  掲載日:2018/5/14
おなじそらのしたで
おなじそらのしたで 作・絵: ブリッタ・テッケントラップ
訳: 木坂 涼

出版社: ひさかたチャイルド
新刊コーナーにあって
渋めの素敵な色の配色
絵もかわいらしいので
すぐに借りてきました

私の前に
息子が「これいいんじゃない」
「いいわぁ〜」とのこと(笑

雲、雫、ハート、月・・・の形に切ってある
単純ながら
それが次のページなると・・・
へぇ〜
すごいよ

言葉が短いながらも
素敵な絵と共に
スッと入ってきます

そして、みんなが一緒になって
お月様を見上げてる
最後の言葉が
なんとも素敵です!!

確かにいいです!!
ほしいなぁ・・・(笑
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ハイカラなちょっと前の昔話風  掲載日:2018/5/11
きつねのおはなはん
きつねのおはなはん 作: 中川 正文
絵: 二俣 英五郎

出版社: 福音館書店
新刊コーナーにあり
大好きな二俣氏の絵で
このおはなし見たことない!!

と〜っても楽しみに読みました

大正?明治時代?頃でしょうか
ハイカラなきつねさんだぁ〜

ぜんきょうじのおはなさんは
きつね って誰も知らないのかしら???
と、前文を読むと解釈にちょっと苦しみました

ん?和尚さまのお顔は
どうみてもきつね顔・・・

おたみちゃんの正座姿や
真面目に教えを受けている姿
でも、葉っぱをお金に替える場面では
ちょっとどうなの?的な表情
二股氏の絵がと〜っても素敵で
雰囲気にぴったり

英語のおもしろさも
落語のようです

おはなし的にも劇みたいだなぁ〜
と、思ったら
中川正文氏は、児童文化学の教授で
影絵や児童劇の演出家とのこと!!
内容がしっかりしているわけです!!

1978年の作品が
ハードカバーになっての新刊のようです
これは、素敵なはからいです
ほしいなぁ(笑
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 男の子の純粋さ  掲載日:2018/5/10
としおくんむし
としおくんむし 文: ねじめ 正一
絵: 高畠 那生

出版社: 光村教育図書
大好きな女の子のために
蝶になって・・・
って、
なんて一途な男の子でしょう

新刊コーナーにあり
借りてきたのでした

商店街の雰囲気の中を
ランドセル背負って歩いている2人
学校からの帰り道なのかな?
町の様子から
のどかな農村風景へ
ちょっと不思議な感覚

蝶に変身するのは不思議に感じないけど
給食残したからーという現実的な反省に
ちょっとクスッと笑っちゃいます

小学中学年位までの
なんとも無邪気で純粋な男の子のイメージで
楽しませてもらいました

確かに
一般的に
女の子は・・・ゆきちゃんのように
現実的です(笑
参考になりました。 0人

3990件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット