おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

しいら☆さんの公開ページ

しいら☆さんのプロフィール

その他の方・50代・宮城県

自己紹介
保育士歴11年ちょっとで退職。子育て歴25年(+_+)ゞなんだりかんだりボランティアに首を突っ込んで・・・(^^ゞ興味のあるものには、なんでも挑戦♪
好きなもの
絵的なモノ・雑貨的なモノ・文字的なモノ・音楽的なモノ・踊り的なモノ
ひとこと
1日10個楽しい事探し♪
ブログ/HP
人、モノ、何でもいろいろな出逢いを紹介出来たら・・・と、思っています。

しいら☆の宝石箱

公開

しいら☆さんの声

3416件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 絵にも内容にも惹かれます!!  掲載日:2017/1/19
あやしの保健室(1) あなたの心、くださいまし
あやしの保健室(1) あなたの心、くださいまし 作: 染谷 果子
絵: HIZGI

出版社: 小峰書店
うわ〜っ、すごいイラストだなぁ・・・
イマドキの小学生女子は
きっとこんな画風が好みなんだろうなぁ〜
ほんと、「あやし〜わ〜」

色的にも、ど〜かなぁ〜

と、「〜」が多過ぎますが
それだけ迷ったのです

ところが、『銭天堂』さんと同じく
これも、また、人間の「心理」をうまくついていて
ちょうど、思春期入り口?位の
言語化出来ない
心の動きが、表現されています

それを、保健室の養護教諭妖乃(あやの)先生が
妖しい?
めちゃくちゃ?
どういう意味?
なんで?
みたいな対応なんです

でも、理にかなっている時もあり
そういう視点があるんだ!?
と、気付かされたり

1番すごいのは、この先生、全校児童の名前を
知っていること
これは、とても大事だと思います

この先生は、この先生で
実は、ある企みがあっての養護の先生なんです

1・2・3学期毎2話ずつ
そして、卒業式、終業式にうまく
まとめられています
@とありますから
これは、続刊を期待してしまいます

女子&大きくなった女子(笑 にお勧めです
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う トンネル遊び♪  掲載日:2017/1/19
しゅっしゅっぽっぽ トンネルですよ
しゅっしゅっぽっぽ トンネルですよ 作・絵: 林 なつこ
出版社: 教育画劇
この汽車ポッポは
どうやら小さい感じです
イベントとかである
レールが敷いてあって
その汽車にまたがって乗れる感じ

出逢う動物さんたちが
どういう風に「トンネル」にしてくれるか
楽しみになってきます

おっ!赤ちゃんは、どうするの???

なるほど〜

みんなも乗って・・・

最後は、予想出来ちゃった(笑

トンネル遊びに発展しそうです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 日日薬!!  掲載日:2017/1/19
すべってころんですりむいた
すべってころんですりむいた 作: 小野寺 悦子
絵: さこ ももみ

出版社: 絵本塾出版
すべって ころんで すりむいて
って、日常茶飯事!の子ども

痛くて、泣くのは当たり前
その後が大切!

転んだと思ったら、サーカス
それも、動物達が主催!?している
別世界の雰囲気

で、治療?
なめてもらいながらの
自分もサーカスの1員になっているし〜

リズム感よく
絵もなんとも素敵です

そして、「日日(ひにち)薬」!!
これは、私、すりむいた傷を治すのではなく
身近な人が亡くなった時に
教えれた薬でした

この絵本で、なんだろう?って
覚えておくといいかもしれません

ママのところに戻るのもいいです!!
その場面転換も

素敵な絵本でした!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「子守どろぼう」ですね!!  掲載日:2017/1/19
すすめ!ふたごちゃん
すすめ!ふたごちゃん 作: もとした いづみ
絵: 青山 友美

出版社: 佼成出版社
青山さんの絵は、なんとも人情味があふれているといいますか
昭和のいい時代のような
ほっこり してしまいます

ふたご・・・私の弟達も
このおふたりのようだったようです(笑
おとなしくしていることなく
2人でタッグを組んで
なにか かにか やらかす
でも、「かわい〜い」とか言われて
許されちゃう
得?だなぁ〜と、冷めて見ている姉でした(笑

泥棒が最初から紹介されている時点で
もしかしたら・・・
と、藤田浩子さんの語り「こもりどろぼう」を
思い出しました

泥棒が米を盗もうと思って入った家の
赤ちゃんを泣かさないように
いろんなわらべうたで、子守をしているところに
畑仕事から帰宅した祖父母に
逆に感謝され
お米をいただく

赤ちゃんあやしの基本的なわらべうたと
「泥棒!!」と騒がず、子守に感謝することで
無事に赤ちゃんを取り戻すという祖父母の知恵
と、いろんな要素が含まれた昔話です

それとリンクしながら読んだのですが

も〜っ、青木さんの絵がおかしくって

最後が、もうひとねりしてほしかったかな・・・と思ったら
絵本を閉じたら・・・おかしい
また、やらかしそう(笑

どうやら、この泥棒さんも
子守泥棒よろしく、悪い人ではないような(笑

商店街の様子、お人柄も皆さんとってもいいです
お客さんたち、通りを歩いている人達も
いるいる!こんな人達・・・(笑

さくちゃんとらんぼちゃんの成長が楽しみ!
続刊、出ないかな?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 現代の子育てのバイブル!?  掲載日:2017/1/19
なつみはなんにでもなれる
なつみはなんにでもなれる 作・絵: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所
すごく気になっていました
図書館にリクエストしていたのですが
まだ、きません・・・
たぶん、ひっぱりだこで
「待ち」なのかと

そうしたら、「全ページためしよみ」が出来る!!
ありがとうございます!!

思ったとおり
おもしろい!!

知り合いの同じ名前の「なつみ」ちゃんを
思い出してしまいました(笑
こちらのなつみちゃんとは真逆なんです

こんなになんにでもなれたら
本当にすごい!!
このアイディア・・・
感心するしかありません

で、おかあさんがなんともあじがある〜
冷めているというか
大人扱いというか
超えているというか(笑

こんな余裕があると
育児も楽しめそうですよね

「余裕」が大切!

いやぁ〜、笑った、笑った
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもから大人まで、みんなに読んでほしいです  掲載日:2017/1/19
おにぼう
おにぼう 作: くすのき しげのり
絵: 伊藤 秀男

出版社: PHP研究所
くすのき氏作なので
間違いはないでしょ〜
と、読み始めたら
涙・・・

人間のおごり
鬼=悪い の思い込み?

それに対しての
おにぼうのお母さんの偉大さ
おかあさんのいいつけを守るおにぼう・・・
村のこどもたちの優しさ
考えさせられることが
たくさんあります

ゆりの花の使い方も素敵です
一面のゆりの花の場面に
涙が滲んでしまいました

そして、最後の言葉も素敵です

昔からあったかのような錯覚をしてしまう作品です

年長さんでも、聞く力を持っていればOKです
小学1・2年生の
課題図書に推薦しま〜す!!

大人も一緒に読んでいただきたいです

あ・・・ブックトークにいいかも!?
とにかく、お勧めです♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「居場所」の大切さ   掲載日:2017/1/19
おばさんと犬とおれ
おばさんと犬とおれ 出版社: 創英社
「おばさん」は血のつながった親戚のおばさんではなく
「犬」という名前の犬で
小学校への通学路にあるおうちの方との
何気ない交流の一場面です

「おれ」は、学校より家よりも
このおばさんの家にくると
素直になんでも話せたーとのこと

どうしてだろう?

中盤で一言「おれ」の言葉に
おばさんの返答が・・・

そして、中学校は別のルートということもあり
きっと「おれ」の成長もあり

でも、心の基礎は
このおばさんと犬との交流で「居場所」があったことで
きちんと出来たのではないでしょうか

「心の居場所」の大切さ
考えさせられます

絵がほのぼのしていて
ほっこりします

「犬」が待っている感じが
なんとも、せつなくなっちゃうのでした
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わんぱくぼうや!  掲載日:2017/1/19
はりきりみかん
はりきりみかん 作・絵: じゃんぼ かめ
出版社: 国土社
炬燵に入って、みかんを食す・・・
冬の寒い日、定番であります(笑

まんまるで
目がブルーなのが目を引きます

元気で、「ぼくのこと?」「私みたい!」って
思いますよね

でも、皮が破れて、風邪を引いちゃう!!

私が好きな場面は
おかあさんが、皮を縫っている所

まさか〜って思うけど
繕い物するおかあさんの姿って素敵だし
なんともいえないほっこり感があります

元気になって、おっ!
外で、みんなと遊ぶんだね!!

元気をもらえる〜

単純化した、はっきりした絵で
内容もはっきりしていて
小さい子は、喜びそうです

他の果物シリーズもあるんですね!?
読んでみなくっちゃ♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 昭和的!素敵な作品  掲載日:2017/1/17
ぼく、ドジオ。
ぼく、ドジオ。 著: いわい としお
出版社: 小学館
どこかで見た画風・・・

「全ページためしよみ」で
読ませていただきました
じっくり!!

なんか、昭和的だなぁ・・・
押入れに隠れた雰囲気なんか(笑 
特に・・・

お姉ちゃんたちって
なんでこんなに厳しいんだろうね
やさしいお姉ちゃんがいいですよね
でも・・・愛情の裏返し?なのかな?

父母がとてもやさしく
としおくんのことをきちんと考えてくれていることが
とても安心します

やさしさ が間違っていないと思います
としおくんをきちんとわかってくれています

「失敗していいんだよ」ということばは
本当に、魔法の言葉のようです

成功するかと思うと、また・・・

でも・・・・

としおくんの気持ちになって、共感してしまいます

もしかして、としおくんって・・・
作者さん自身のことかしら???
と、作者紹介を見て
なるほど!そうでしたか!?

是非、親子でお楽しみくださいませ
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 自分で24軒のストーリーを作っちゃいそう♪  掲載日:2017/1/17
うさぎマンション
うさぎマンション 作: のはな はるか
出版社: くもん出版
かわいい・・・
お口がないけど(笑
みんな同じようで、でも違う
なんてったって、お洒落な雰囲気

お引越しから始まるので
読み手も、新しい家族と一緒に
「はじめまして」という感覚で
ページをめくります

が、このおうちには
このうさぎさんたちで
この恐竜は、なんだ?
バレエしてる
魔女???

と、お話を読むのを忘れ
ページをいったりきたりして
24軒のうさぎさんたちの様子を追ってしまいます

これは、集中しちゃうかも(笑

ほんのちっちゃないたずらはあるけど
クスッと笑える位で
みんな素敵なうさぎさんたち!
屋上パーティも楽しそう〜♪

こんなマンションなら
住んでみたいかも(笑
参考になりました。 0人

3416件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

寝かしつけに最適な水中絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット