おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

しいら☆さんの公開ページ

しいら☆さんのプロフィール

その他の方・50代・宮城県

自己紹介
保育士歴11年ちょっとで退職。子育て歴23年(+_+)ゞなんだりかんだりボランティアに首を突っ込んで・・・(^^ゞ興味のあるものには、なんでも挑戦♪
好きなもの
絵的なモノ・雑貨的なモノ・文字的なモノ・音楽的なモノ・踊り的なモノ
ひとこと
1日10個楽しい事探し♪
ブログ/HP
人、モノ、何でもいろいろな出逢いを紹介出来たら・・・と、思っています。

しいら☆の宝石箱

公開

しいら☆さんの声

3302件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う くりかえしが楽しい  掲載日:2016/9/29
のれるかな? うかぶかな? ききゅう
のれるかな? うかぶかな? ききゅう 作: いしい きよたか
出版社: ゴブリン書房
0歳児からになっていて
気になり
「全ページためしよみ」が出来るんだ!
と、早速・・・

繰り返しが楽しい0歳から小さい子が
楽しめそうです

「気球」って、あまり身近になくって
実際に乗ったりする子どもって
少ないような・・・

でも、逆に、だからこそ
夢があっていいのかしら?

かえるーおたまじゃくし
と、関連性があるのですが
それは、ちょこっと難しくないかな?

単純な言葉の繰り返しで
なんどでも、ページをめくりそうですね

いろんな形の本物の気球に乗って
空の散歩・・・あこがれかも(笑
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 相田みつを氏とウルトラセブンのコラボ作品  掲載日:2016/9/18
やわらかければだいじょうぶ
やわらかければだいじょうぶ 詩: 相田みつを
出版社:
「セトモノとセトモノ」の書が表紙で
セブンと関連怪獣たちが
かわいらしく文字と遊んでいます

この詩は、テレビCMにもなっているので
皆さんご存知かと

最後に相田さんの息子さんの解説がありますので
それを読んで大人は再度学習出来ます

いろいろな見方、考え方があること
心を柔軟に
でも、なかなか、考えたようにはいかない自分の存在

最後かと思ったら
セブンと怪獣たちがみんなで見ているのは・・・

やっぱり、親への、大人へのメッセージかな?
と、思います

怪獣大好きな男の子に
名前を教えてもらうのもいいのでは?
美術作品も、なかなかパロッテいて
おもしろいですよ

いろいろ考えさせられます
親子で楽しみたいですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な夏休み  掲載日:2016/9/18
こころのともってどんなとも
こころのともってどんなとも 文: 最上 一平
絵: みやこし あきこ

出版社: ポプラ社
「こころのとも」=心友=親友

って、なつかし〜い(笑
友達の中に
同級生ながら、ちょっと大人びた友達って
いませんでしたか?
上記のようなことに気付いて
かっこよく私に教えてくれるお友達がいたのを
思い出しました

主人公さとちゃんのおともだちのじゅじゅちゃんは
ちょっと不思議な感じです
読んでいるおばさんの私でさえ
さとちゃんに共感してしまいます
それが、また、なんともじゅじゅちゃんの魅力なんです

それは、じゅじゅちゃんのおかあさんの影響なのかもしれませんよ
楽しい「じごく」!?夕食!!
と〜っても素敵なおかあさんなんですもの〜

友達のおうちでの「おとまり」って
カルチャーショックだったりしませんでしたか?
そんなことも思い出されました

前作があるようで
この2人の出会いのようです
今度、探して読まないと!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 勢いのあるインパクトの強い絵です!  掲載日:2016/9/14
どんどろめがね
どんどろめがね 作: はやし ますみ
出版社: 佼成出版社
「全ページためしよみ」出来たんですね!?

図書館で、表紙の文字が気になって
借りてきました
動物が文字になってる?
文字を動物で表現してる?

言葉は、短く
確かに、自然の様子が
こう見えても不思議ではないかも・・・
という、“感性” なんでしょうか

宮澤賢治の
「風の又三郎」の「どっどど どどうど〜」
を思い出させます

これ、実際に手に取って見た方が
いいと思いますよ

絵が飛び出してくる勢いです!!

おはなし会で読んでみたい作品です
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お友達になりたいね  掲載日:2016/9/14
あかちゃんおばけまちにいく
あかちゃんおばけまちにいく 作・絵: しらかた みお
出版社: 新風舎
おばけのあかちゃんなんですね?
よだれかけをしてる
粘土の作品でしょうか?
すごいなぁ〜

小さい子対象ですね
おかあさんが忙しそうなんで
ひとりでまちに遊びに出かけるようです

いろんな遊びをして
おばけだからって
人間のこどもたちは
普通に一緒に遊んでいます

なるほど、化けることが出来るんですか

あらら・・・

楽しい思いも
怖い思いも
おかあさんの登場で
安心!!

シンプルな内容で
場面場面を楽しめます
粘土で丁寧に作られていて
感心してしまいます

「おばけ」は怖くない
お友達だね って思える作品でした
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さい子から大人にもお薦め〜♪  掲載日:2016/9/14
うさぎのニコラス
うさぎのニコラス 絵: リチャード・スキャリー
作: オーレ・リソム
訳: 木坂 涼

出版社: 好学社
新刊?
ん・・・
でも、この絵は
昔から見ているような・・・

「よこながきしゃぽっぽ」とか
よく目にする絵の方でした
(カタカナが苦手なので
名前が覚えられません(汗 )

「よこながー」のような
イラストっぽくなく
リアル感あるんだけど
でも、親しみやすい

自然が素敵
しぐさ がとてもかわしらしく
何度も繰り返し眺めてしまいます

訳仕方もあるのでしょうが
詩のようにも感じます

四季は、日本と同じなのでしょうか

なんとなくレトロななつかしい感じと
普遍的な題材です

縦長のこのサイズも
意味があるのかな?

手元に1冊ほしい絵本です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な日常と素敵なおじいちゃん!  掲載日:2016/9/14
ポーリーおはなのたねをまく
ポーリーおはなのたねをまく 作: シルヴィー・オーザリー-ルートン
出版社: PHP研究所
なんかかわいらしい表紙!
ハムスター?かな?
と、「ねずみ」のようです

ベルギーの絵本なんですね

おじいちゃんが旅行から帰ってくるまで
種を蒔いて、お世話をするーという
日常のひとこまなのですが

友達とのやりとり
お世話の仕方
事件!
解決???
え〜っ、それってどうなのかな???

じゃじゃ〜ん!!
さすが!!おじいちゃん!!

この葉っぱは、朝顔ではないようで・・・
なるほど〜

と、植物の様子や
ポーリー達以外の生き物の動きや
おうちの小物、庭道具・・・等
とても、素敵に描かれています

日常の大切さを改めて
感じさせてくれます

かたつむりのネスターも仲間にいれてもらって
ほんと、よかった!!
素敵な花のもと
素敵なお茶会?にまぜていただきたいです!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 地方の歴史・文化ってすごい!  掲載日:2016/9/14
日本全国不思議案内(2)菜の子ちゃんとカッパ石
日本全国不思議案内(2)菜の子ちゃんとカッパ石 作: 富安 陽子
画: YUJI

出版社: 福音館書店
日本全国不思議案内(2)って何だろう?
きっと(1)もあるのでしょうが
富安さん作だし
カッパが気になるから
まずは、読んでみましょ

転入生がいたはずなのに
居なくなったーというか
みんなは、最初からそんな子はいないーと
ちょっと強引な導入のような気もしますが
あっという間に
トオルくんの立場になっちゃって
冒険?体験しちゃいます

菜の子ちゃんの言うことを聞いちゃうトオルくんは
歴史とか地元のことに詳しかったから
選ばれし者だったのでしょうか?

カッパというと
どうしても岩手県遠野のイメージが強く
カッパ=河童 河のイメージです
なんと!それが壇ノ浦に???
それも大群!!

それに絡めて、平家の落ち武者、耳なし芳一や
地元の4っつの山、神社、毘沙門天
そして、短歌と絡めて・・・

へぇ〜、へぇ〜 と
いっきに感心しながら読んでしまいました

菜の子ちゃん通信もおもしろいです!!

地元発信にもつながり
とても興味深いものでした

次に、菜の子ちゃんは、どちらへ?
宮城版を楽しみに待っています!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 真面目なそうべいさん  掲載日:2016/9/13
かみそりぎつね
かみそりぎつね 作: 小沢正
絵: 野村 たかあき

出版社: 教育画劇
きつねにだまされないようにーと
思いながらも
実は、きつねの方がいちまいうわてですよね

「どーん ちーん かーん」では
きつねにいたずらしたからーでしたが
このそうべえさんは
ただただ正直にした行為だったのに
大変なことでした

まさか!?ですよね
読み手も、しっかりそうべえさんの味方で
読み進めていきますもの

このおはなし
騙されて、おしまいーではないのです

最後がまじめなそうべいさんに
ぴったりなように感じました

木版画のあじがでてて
昔の素敵な雰囲気です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 伝えたい昔話を、この絵本で  掲載日:2016/9/13
かっぱのすもう
かっぱのすもう 作: 小沢正
絵: 太田 大八

出版社: 教育画劇
梅田俊作氏の紙芝居の絵とは違い
太田氏の絵は、リアル感満載
昔の感じも雰囲気バッチリです

初め、カッパは怖いものなのかな?って
感じ
おじいさんったら
「あいつらだな けしからん」って
怒っているのに
いざ、カッパの相撲を見てしまうと
楽しくなっちゃうし
カッパに誘われると
「勘弁してください・・・」と

おじいさんの態度がコロコロ変わるのが
なんともおかしいのです

カッパ達も同じような姿のようでいて
個性があります
甲羅の模様も違いますし
表情もいろいろ

「ぺこり」とお辞儀する様
宴会の様子
なんとも、楽しいです

表紙を開くと
手を繋いだ河童たち・・・
なんとも愛嬌があって
いたずらしても
許しちゃおうかな って思っちゃいます

こどもたちに伝えたい
昔話
素敵な絵とともにーと願います
参考になりました。 0人

3302件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

荒井良二さんの最新作、レビュコン登場!

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
サイン本販売中