話題
PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?

PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?(フレーベル館)

大人気アニメ「PUI PUI モルカー」が絵本になりました!

  • かわいい
  • 盛り上がる
新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ

しいら☆さんの公開ページ

しいら☆さんのプロフィール

その他の方・50代・宮城県

自己紹介
保育士歴11年ちょっとで退職。子育て歴27年(+_+)ゞなんだりかんだりボランティアに首を突っ込んで・・・(^^ゞ興味のあるものには、なんでも挑戦♪
好きなもの
絵的なモノ・雑貨的なモノ・文字的なモノ・音楽的なモノ・踊り的なモノ
ひとこと
1日10個楽しい事探し♪
ブログ/HP
人、モノ、何でもいろいろな出逢いを紹介出来たら・・・と、思っています。

しいら☆の宝石箱

公開

しいら☆さんの声

4494件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う アメリカのかぞえうた  投稿日:2021/11/18
きょうも のはらで
きょうも のはらで え: エズラ・ジャック・キーツ
訳: 石津 ちひろ

出版社: 好学社
かぞえうたをもとにしたものーとのことで

「〜してごらん!」と、それぞれのおかあさんが
こどもたちに言っています
その繰り返し

紅葉したもみじの絵でありながらの
最後は、蛍なんですね
ちょっと季節の順番感が
日本と違うかな?みたいな

コオロギは、もう少しおデブちゃんのような・・・とか

アメリカの昔のかぞえうただからなのでしょうか

カメの甲羅、昆虫、植物、特に紅葉の絵は、素敵です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1970年代の作品と谷川さんのコラボ  投稿日:2021/11/18
ちちんぷいぷい
ちちんぷいぷい 文: 谷川 俊太郎
絵: 堀内 誠一

出版社: くもん出版
堀内さんって、こんな絵でしたっけ???
と、「???」だらけ

最後のページに
*本書は1970年代、雑誌に掲載された堀内誠一・絵「ちちんぷいぷいぱっ」に。文章を書き下ろしてレイアウトした作品です。

だそうです

怪しいような
でも、楽し気に手品するキツネさん

次々に集まって来る動物の好物が
出てくる・・・

でも・・・あれれ

表紙の絵でもすでに仕掛けられています
手品の黒い布の下を見ているだけでも
おもしろいんです(笑

絵本を閉じるまで、続いていますよ

1970年代に、こういうタッチの絵だったんですね

たまたま
一緒に借りたのですが

「堀内誠一 ぼくの絵本美術館」

も、おすすめします!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほっこり♪ よかった  投稿日:2021/11/18
あかいてぶくろ
あかいてぶくろ 文: 林 木林
絵: 岡田 千晶

出版社: 小峰書店
子どもの頃、5本指の手袋ではなく
「ミトン」型の手袋を愛用しますよね

主人公は、「ちびちゃん」という人間の子ではなく
ちびちゃんのおかあさんが編んでくれた
ちびちゃんのあかいミトン型の手袋なんです
ちびちゃんの手を温めるだけでなく
雪玉をつくるのを手伝ったりして
やさしい心遣いなんです

子どもの頃
物に心があるように思ったりしませんでしたか?
ただの「物」とは思えない、愛着に通じるものなんでしょうが

右の手袋をなくしてしまったちびちゃん
右の手袋は、いろいろな動物と関わることに・・・
形は変わってしまいます
でも・・・

左手の手袋は、おかあさんに新しい相棒を
作ってもらうのですが
なんと!偶然にも・・・

最後の展開に、ほっとしました

「おひさまの においがする
すこしずつ はるが ちかづいているんだな」

のセリフとりすさんの姿

岡田さんのすてきな絵に、ほっこりです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大樹の1年の様子  投稿日:2021/11/18
木のうた
木のうた 作: イエラ・マリ
出版社: ほるぷ出版
四季の自然が
美しく描かれた文字のない絵本で
1977年初版の作品です

説明がなくても
木を中心に、草花の様子や鳥、動物など
ページをめくるたびに
1年の季節の変化が目に飛び込んできます

その時期に現れる動物たちもいいですね

栗の花?
あれ?どんぐりの実だ・・・

雪の様子もいろいろ
吹雪の前の点描のようなページも「ほ〜〜〜っ」でありました

この繰り返しなんですねぇ
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 友達の力は、偉大です  投稿日:2021/11/15
しゅくだいがっしょう
しゅくだいがっしょう 著・絵: 福田 岩緒
出版社: PHP研究所
「しゅくだい」シリーズなんですね
「あるある」な感じの内容ですねぇ
同じ悩みを持っている子には
とてもいいテキストになるかもしれません

昔は、友達ではなく
音が外れていて、きれいな合唱にならないから
先生に「歌わないで」と言われてーという話を
ドラマだったか、本だったか
いや、リアルな話で聞いたような

歌に限らず
「上手」「下手」の両極端に評価されるのは
辛いこと
このおはなしのように
ちょっとしたきっかけで
前向きになれることって大切ですよね

お友達の力は大きいのですが
それにしても
このお話しに出てくるお友達の
気遣いは、すごいですよ
感心してしまいます
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 母と息子?  投稿日:2021/11/14
わたしたち
わたしたち 作: パロマ・バルディビア
訳: 星野 由美

出版社: 岩崎書店
素敵な絵だなぁ〜
と、手に取りました
「わたしたち」って???
母と子というより
絵の影響も大きいのかな?
母と息子 なのかなーと

チリの作家さんのようで
どの国の母も同じ気持ちなのかなーと

息子を思う気持ちは
とてもよく分かりますが
自分のお腹で10か月居て
以心伝心のようにも思うものの
いやいや、それは違います(笑
あくまでも、息子は、息子

子を想う気持ちは、あふれるようにあっても
子どもは、子ども
ひとりの自分とは違う人格の持ち主かで
私的には、成長とともに
離れていくものと考えます

息子が小さいときは
同じように感じたかもしれませんが(笑

最後のページの
想像した動物たちの
穏やかな表情と、色もとても素敵です
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う イマドキ!!  投稿日:2021/11/14
みつ
みつ 作: timatima
出版社: 金の星社
大好きな「きりつ・れい!おやすみなさい」とか「ちゅ!」とかの
ふくだすぐるさんの絵?だと思ったら
キャラクターデザイン?を手掛けている方とのこと

さすが!いまどき
コロナ禍の「3密」回避についてではないですか
子どもに分かりやすく伝えるため???なのかな?

う〜ん・・・
ちょっと気になるのは

咳が出て、ふらふらになっちゃったくまさんの周囲から
みんないなくなるのは、ちょっとつらい

このくまさんのその後が気になるなぁ・・・

ひとりひとり(1匹1匹)の動物の絵は
とてもかわいらしく
動物探し、みたいで楽しい絵なだけに
ちょっと残念かなーと思ってしまうのは
おばさん・・・だからでしょうか(笑
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽曲プロモーション絵本?  投稿日:2021/11/14
メメント・モリ
メメント・モリ 作・企画・原案: 大森 元貴
出版社: KADOKAWA
活動休止中のMrs. GREEN APPLEさんの
フロントマン?中心的な方ってことかな?
読み終わって
QRコードを見たら
この絵本の画像が流れ
歌も流れ
絵本の雰囲気そのまんまです

って、その逆なのかな???

扱っているのは、大好きな人との別れー死について
なんだ・・・
歌は明るい曲調ですが
重いテーマかと

最後のページに
歌詞あって

「自分の最期は、
なんてこと無いのです」

とのこと
先日亡くなった寂聴さんも
同じようなことを
おっしゃっていたような・・・

NHK「みんなのうた」の感じ
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 幻想的で、現実的で、神秘さのある作品  投稿日:2021/09/27
ふしぎな月
ふしぎな月 作: 富安 陽子
絵: 吉田 尚令

出版社: 理論社
新刊紹介だったか
「月」の作品の紹介だったか
とても、気になっていました

最初のほうでの
ブルーのお花がきれい・・・

前半は、画面の周りは白の縁取りというか
空白の部分があるんです

大きな満月が出てきてそれからの
後半は、ちょっと社会情勢が絡んできます
そのせいか、こちらは
全面の絵に切り替わります

やっぱり吉田さんの絵は、素敵です!
いいアジ出していますよ

文章は、富安さんの無駄のない言葉
詩のリズムな感じです

何度も読み返しています

ほ、ほ、ほしい・・・です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 芸術家作品✨  投稿日:2021/09/27
めんぼうズ
めんぼうズ 作: かねこ まき
出版社: アリス館
まさかの、「綿棒」が主役です
1本1本に「顔」が・・・

も〜〜〜っ、超期待通り(笑

ねこちゃんも気になりながら
まさかの展開

へぇ〜へぇ〜と、

なかなかない発想かと思われます
芸術家かと思われます

作者紹介文を見ると

彫刻作品(綿棒をしめせピンセットでつまんで顔を彫刻した、ミニマルなアート作品)を絵本に展開させてもの

ほら、やっぱり、芸術家さんだ!!

一晩で、綿棒が無くなったら
こんな感じなことが起こっているのかもね

いやぁ〜、おもしろかったです
参考になりました。 0人

4494件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット