ハローキティ ハッピーおりがみバッグ ハローキティ ハッピーおりがみバッグ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
おりがみに、シールに、ぬりえに…かわいすぎて迷っちゃう!大人気のおりがみバッグ♪いっしょにおでかけしてあそんでね。

しいら☆さんの公開ページ

しいら☆さんのプロフィール

その他の方・50代・宮城県

自己紹介
保育士歴11年ちょっとで退職。子育て歴21年(+_+)ゞなんだりかんだりボランティアに首を突っ込んで・・・(^^ゞ興味のあるものには、なんでも挑戦♪
好きなもの
絵的なモノ・雑貨的なモノ・文字的なモノ・音楽的なモノ・踊り的なモノ
ひとこと
1日10個楽しい事探し♪
ブログ/HP
人、モノ、何でもいろいろな出逢いを紹介出来たら・・・と、思っています。

しいら☆の宝石箱

公開

温故知新、バラエティ〜豊かなおはなしの世界が楽しめるといいなぁ〜。ほんとは、秘密にしておきたいけど・・・でも、やっぱり、みんなで楽しみたいですものね♪

しいら☆さんの声

2963件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う はじめての習い事!  掲載日:2014/9/20
ダンスをならう
ダンスをならう 作・絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 岩崎書店
「そとごはん」「うちのいぬ」に続く
ヘレン・オクセンバリーさんの
はじめてのおはなしえほんシリーズ
見っけ!

谷川俊太郎さんの訳で
くどくど説明もなく
初めての習い事の様子が
よ〜くわかります

表紙から興味深いですよね
練習儀のスカートの端をつまんで
バレエですよね?
シューズのリボンがほどけそうな
水色の練習着もタイツもなんかだらしない?
大きいのかな?
なんか、ふざけているのかな?
いろいろ想像してしまいます

表紙をめくると
これまた個性的な練習風景
上手ですねぇ
こどもの表情、しぐさ・・・
ふざけている男の子の様子なんか
絶対いるよね、こういう子!みたいな

おかあさんが勧めて習いに行くようです
お母さんのイメージ図?

なるほど、大きめのを買ったんだ
「すぐに大きくなるから」
気持ちは、わかります(笑

ヘレン・オクセンバリーさんの絵を
見ているだけでも
おもしろいんです

店員さんの姿勢も、なかなか
習っている先輩達の様子が気になるんだよね
シューズの結び方が変だよ・・・
笑っちゃったのが、ピアノの先生!!!
こういう先生っていらっしゃいますよね(笑
年齢を重ねたせいか、足に包帯巻いているけど
湿布かしら?
裸足の男の子の足の裏は汚れてる!
お母さんのお洋服のコーディネートも!
シンプルなんだけど
細かい所まで、描かれています

先生の対応がいいですね
素敵ですよ
いいなぁ〜、こういう先生

習い事って、まずは楽しくなくっちゃ!
楽しく続くといいですね
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい よかったね!ねずみくん♪  掲載日:2014/9/20
ねずみくんとおんがくかい
ねずみくんとおんがくかい 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
図書館の「おんがく」紹介コーナーにありました
久し振りの「ねずみくん」!
ご無沙汰で
再度、読み直ししてみようかな・・・

チョッキとは、別に
とりかえっこ出来ないんだよね

みんな自分の楽器を
自慢しているような
でも、確かに
みんなには、ぴったりな楽器に思えるし
自信があるようで
とっても羨ましく
その分、ねずみくんの気持ちを思うと
なんだか悲しく、情けなくなってきます
でも、ねみちゃんも一緒で
そこは、心強いところ!

ねずみくんのおはなしが
ぐぐっとくるのは
共感しやすいところにありますよね

最後は、安心するし
自信満々だったねこくんより
とっても楽しそうな音楽会になりましたよ
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 自転車は、相棒!  掲載日:2014/9/18
ボクのじてんしゃ
ボクのじてんしゃ 文: きむら ゆういち
絵: 平澤 重信

出版社: 芸術新聞社
新刊コーナーにあって
独特な絵の感じに惹かれて
借りてみました
(昔だったら、選んでないかも)

子どもの頃
自転車を大事にする気持ちって
特別だったように思います
なんたって、「足」ですもの
ちょっと遠くの友達のうちに行くのには
欠かせない交通手段!
“自力”で移動出来るんですもの

まずはお下がりで練習して
新品を買ってもらった時の気持ちは
忘れられません

そんな気持ちを思い出しました

自転車に限らず
「思い出のもの」って心に深く刻まれます
ただの「モノ」ではないんですよね

自転車がない時の
すねた感じ
友達にもなんとなく仲間はずれにされた気持ちになるし

でも・・・

「相棒」みたいになっちゃった自転車
仲良くしてあげてね
大切にしてね
って、強く思います
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 遊びながら、言葉を整理する  掲載日:2014/9/18
くろくまくんのことばえほん ようすのことば
くろくまくんのことばえほん ようすのことば 作・絵: たかい よしかず
監修: 今井 むつみ

出版社: くもん出版
かわいいくろくまくんが
いっぱい!!
かわい〜い♪

「ようす」のことば辞典なんですね
なるほど・・・
絵を見て
クイズのように選んでみたり
探してみたり
真似もしちゃうかも
遊べますね

くろくまくんの仲間もいっぱいで
見ているだけで楽しいです

しかし
いろんな言葉を
子どもってあっという間に
習得しちゃうんだから
すごいことですよね
それをうまくまとめた本
って感じかな
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本当はいい人(カエル)?なの?  掲載日:2014/9/18
ガマ王子vsザリガニ魔人
ガマ王子vsザリガニ魔人 絵: たなかしん
文: 後藤ひろひと

出版社: 求龍堂
これって
映画になった作品の中で
女の子が見ていた絵本?かな?

絵がとってもかわいい
ぬいぐるみのような風合いの色使い

ガマ王子は、むちゃくちゃです
わがまま過ぎます
家来のミズスマシやアメンボは
関西弁を話してます
かわいそう・・・
言うこと聞かないからって
家来達のおうちを壊してる
涙が出てる・・・

ガマ王子のお母さんたら・・・
あれ?
このお母さんは
どうなったんだろう???

またかわいそうな
今度は本当にかわいそうな家来達・・・
そこで、王子は、本気になり戦う!
ガマ王子・・・気付くのが遅かったんじゃないの・・・

黄色の水草が
とてもきれいで
可憐に感じます

映画もちゃんと観てみたくなっちゃった
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 怖い < おかしい を楽しめます!  掲載日:2014/9/10
おばけのきもだめし
おばけのきもだめし 文: 内田 麟太郎
絵: 山本 孝

出版社: 岩崎書店
小学校の図書室にあったのですが
時間がなくて
見れなかったのですが
すご〜く気になっていました

ナビさんのクイズであり
全ページためし読みが出来る!!!
ありがとうございます

も〜、おかしくて
笑い転げてました
怖いんだけど
みんなの表情や格好が
いちいちおかしいのです

ろくろっくびちゃんとのっぺらぼうちゃんが
初めに手をつないでいますが
最後には
それぞれパートナーが替わっているし

それぞれ本編とは別に
絵で楽しめるのもいいです

なんとも絵がダイナミックながら
怖いより、おかしいのです

妖怪ウオッチ?ブームだから
こんな絵本も喜ばれそうですね
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 身近なものから電話!?ですよ  掲載日:2014/9/3
もしもーし
もしもーし 作: 山岡 ひかる
出版社: アリス館
「もしもし」は昔からですが
今の電話の音って・・・
いろいろですよね?

表紙は、折りたたみ式の携帯電話ですね

でも、本文中は
携帯電話も固定電話も出てきません

なんと!
生活用品が電話の代わり?に
呼んでいるんです

小さい子どもの
生活場面で
「ごっこあそび」につながりそう

貼り絵のようで
立体的に見えるのが素敵

小さい子にいいですね

おやすみなさいの絵本なのかな?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 幻想的な当番  掲載日:2014/9/3
つきとうばん
つきとうばん 作: 藤田雅矢
絵: 梅田 俊作

出版社: 教育画劇
「月」関連で図書館に
リクエストしておりました
絵が梅田俊作氏で
とても幻想的でしょうし・・・

不思議なお話です

「月」の「当番」?

郵便屋さんはうさぎさん?

とうさんとぼくだけなのかな?

むらのひとたちも
顔の表情がないせいか
なんか 関わりがないような
想像しなさいってことなのかな?

「月の実」と「星の実」

なんて、幻想的なんでしょ
食べてみたいなぁ・・・

次の当番は
「ぼく」がとうさん位になったらー
楽しみに待つのかしら

第26回JOMOの童話賞佳作の作品に
加筆、修正され梅田氏が絵を描いた作品のようです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 文章を書くという大きな意味  掲載日:2014/9/3
ひらがなにっき
ひらがなにっき 作: 若一の絵本制作実行委員会
絵: 長野 ヒデ子

出版社: 解放出版社
長野ヒデ子さんの楽しい絵で
別段、考えもせずに
借りたのですが・・・

部落問題や戦争などの複雑な時代背景があり
びっくり

「識字」という言葉も
大人になってから知った言葉です

大人は、皆文字が読めて書けて
当たり前ーと子どもの頃から思い込んでいました
そうではないのですよね

表紙を開くと
「1925年(大正14年)に生まれた人のおはなしです」

とのこと
そんなに昔ではないんです

楽しそうな66歳の誕生日の絵日記から始まりますが
左のページを読むと・・・

いろいろ考えながら
じっくり読ませていただきました

「絵本にそえて」の文章も
じっくり読みました
いろいろ考えさせられます

お孫さんと一緒に
成長出来ることが
素敵ですよね

文字を書く
文章を書く 意味
自由に書ける幸せを
改めて再確認いたしました
参考になりました。 0人

ふつうだと思う デザイン遊び  掲載日:2014/9/3
わたしチャー
わたしチャー 作: かわむら あきこ
出版社: リトルモア
なんか、外国の絵本みたい
あっ・・・英語も書いてあります
短文なので
日本語と一緒に
こどもは、覚えちゃうかな

ストーリー性はなく
その物と、リボンが共通しています

1番素敵!と思ったのは
ピアノ

お洒落さんにはいいかも

作者さんは
グラフィックデザイナーのようです
なるほど!
参考になりました。 0人

2963件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中