ぼくはめいたんてい(7) ハロウィンにきえたねこ ぼくはめいたんてい(7) ハロウィンにきえたねこ ぼくはめいたんてい(7) ハロウィンにきえたねこの試し読みができます!
文: マージョリー・W・シャーマット 絵: マーク・シーモント 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ハロウィンに起こった事件、名探偵はうまく解決できるかな!? ハロウィンで人気の仮装もわかるよ!

しいら☆さんの公開ページ

しいら☆さんのプロフィール

その他の方・50代・宮城県

自己紹介
保育士歴11年ちょっとで退職。子育て歴21年(+_+)ゞなんだりかんだりボランティアに首を突っ込んで・・・(^^ゞ興味のあるものには、なんでも挑戦♪
好きなもの
絵的なモノ・雑貨的なモノ・文字的なモノ・音楽的なモノ・踊り的なモノ
ひとこと
1日10個楽しい事探し♪
ブログ/HP
人、モノ、何でもいろいろな出逢いを紹介出来たら・・・と、思っています。

しいら☆の宝石箱

公開

温故知新、バラエティ〜豊かなおはなしの世界が楽しめるといいなぁ〜。ほんとは、秘密にしておきたいけど・・・でも、やっぱり、みんなで楽しみたいですものね♪

しいら☆さんの声

2971件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 知足  掲載日:2014/10/8
紙芝居 サンポじいさんの いし
紙芝居 サンポじいさんの いし 脚本: さえぐさ ひろこ
絵: 降矢 洋子

出版社: 童心社
図書館に行った時
ちょうどこの作品を前の方が返却
あれ?
この前読んでもらってような・・・
再確認してみましょ
と、借りてきました

ブータンの民話のようです

素敵な宝石???
大きな石を見つけ
高く売れる筈!
おばあさんに苦労させないですむーと言っておりましたが

日本の昔話
「わらじべ長者」の反対で
どんどん、値打ちの低いものになっていきます
最後には・・・

でも、おじいさんもおばあさんも
笑顔です

値打ちって何でしょう?
お金ではないはず

「知足」・・・足るを知るおじいさんおばあさん
なんでしょうね

苦労があっても
こんな素敵な笑顔で生活している
おじいさん、おばあさんって
素敵ですね
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 寝る子は育つ!  掲載日:2014/10/8
紙芝居 三年ねたろう
紙芝居 三年ねたろう 作: 安田浩
画: 夏目 尚吾

出版社: 教育画劇
昔話を紙芝居で
みんなで楽しみたいもの

かわいらしい
はっきりした絵です

ねたろうは、ひとりで住んでいるのかな?
ご飯はどうしているのかな?

って、心配になります

寝てばかり=怠け者
に通じますが
ねたろうは
寝ながら日照りから村を守るには・・・
田んぼに水をひくには・・・
と、考えていたのです

寝る子は育つ
ということわざもありますが
体を休めるだけでなく
寝ることで
脳を日中学習したことを
まとめる作用があるとか

ただ寝るだけでなく
日中は、体をいっぱい動かして
質のいい睡眠をとらせたいし
大人もそうありたいものです

私の知っているおはなしは
その後、港一緒に農作業をしてましたが
このお話では
みんなが、俵を持ってきてくれていますが
また、ねたろうは、寝ているようです

おおらかな村なのでしょうか
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ちょっと「?」が残る作品でした  掲載日:2014/10/8
紙芝居 おもちゃどろぼう
紙芝居 おもちゃどろぼう 作画: しばはら・ち
出版社: 教育画劇
評価がちょっと難しいので
「ふつう」にしてしまいました

躾?
工夫?
でも・・・「どろぼう」というのは
どうなのかな???

と、ちょっとこだわってしまいました

自分の物を大切にしない子は
みんなで使う物も大切にはしません
こぐまのゴンちゃんは
おおらか?なのかな?

ウサちゃんがせっかくアドバイスしてくれているのにね

で、反省するのかと思ったら
別な方へ(^^ゞ展開してしまいます

ねずみくん達と仲良くなって
工夫して遊ぶのはいいのですが
終わり方が、どうかな・・・

おかあさんにことわればよかったのかな?

作者による
「御藻茶」についての文章が
ちょっとおもしろいです(^^ゞ
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「うしのくそ」が印象的  掲載日:2014/10/8
紙芝居 さるとかに
紙芝居 さるとかに 作: 松谷 みよ子
画: 西巻 茅子

出版社: 童心社
なつかしい!
保育園にあって
読んでいたと思います

西巻さんの絵だったんですねぇ
なんとなく
その当時は好みでなくって
色合い的にも
油絵的で
なんとなく
暗いイメージ・・・

でも、こどもたちは
さるが意地悪そうだし
「うしのくそ」が大好きだったように
記憶しています

おはなし的には
松谷さんのしっかりした再話ですから
昔話を伝えるのには
ぴったりです

16場面ですが
長さを感じません
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う トルストイの作品\(◎o◎)/!  掲載日:2014/10/8
紙芝居 ななつのほし
紙芝居 ななつのほし 原作: トルストイ
脚本: 堀尾 青史
画: 小谷野半二

出版社: 童心社
このお話って・・・
昔々
私が子どもの頃の
「道徳」か「国語」の教科書に載っていたような
記憶があります

紙芝居で見てたかな・・・

図書館から借りてきたのは
1994年で22刷になっています

原作が「トルストイ」だったとは
びっくり!

自己犠牲
正直
思いやり・・・

あまりにも
美し過ぎるお話のような気もしますが
純粋な心を持っている子どもには
響くように思います
自分が、かつてそうだったように(^^ゞ

現実では
とても難しいことも
わかってきますが

これで
星座の「北斗七星」を
覚えたことも
なつかしい思い出であります

この頃、自然の恐ろしさが
いろいろあって
「普通」の生活が
いつ、どうなるか わからないということもあります
また、世界各地では
相変わらず内戦や混乱が続いている国もあります

水道の蛇口をひねれば
いつでも水が出る・・・
そんな日本の豊かさを
再認識することもあるかもしれません
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 桃の節句に  掲載日:2014/10/8
紙芝居 きつねといっしょにひなまつり
紙芝居 きつねといっしょにひなまつり 作: こわせ たまみ
画: 相沢るつ子

出版社: 教育画劇
図書館の
「お雛さま」関連コーナーにありました
カバーが結構ぼろぼろで
かなり人気があるようです

絵は、相沢るつ子氏
かわいらしい絵です

幼稚園かな?
お雛様を子ども達と一緒に飾るのがいいですね
「ながしびな」を見つけて
先生に「ながしびな」についての
説明を聞き
皆で作ることに

でも、難しいのです
でも、はぁちゃんは一生懸命
それには、理由があって・・・

いじらしいですよね

そうしたら、きつねくんも
同じ様な理由が・・・

きつねくんとの出逢いが
突然なので
えっ!?って思ったけど

きつねくんとの関わりが
なんともいいんですね

はぁちゃんのやさしさが
伝わります

きつねくんのおかあさんもやさしいし
こどもたちもやさしい
幼稚園で
本当にこんなこと出来るといいね

お雛様の並び方は
お内裏様が向って左
ってことは、関西方面ですね!?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大切にしてね!  掲載日:2014/10/8
紙芝居 おもちゃがきえた!?おもちゃやさん
紙芝居 おもちゃがきえた!?おもちゃやさん 作: 武井直紀
画: 岡村 好文

出版社: 教育画劇
12場面です

岡村氏の絵で
色がはっきりしています

おもちゃ屋さん家族と
おもちゃとの交流のようです

おもちゃのチャチャチャじゃないけど
おもちゃにだって
自由の時間があれば・・・
遊んでほしいけど
ぐちゃぐちゃで
泥だらけではね・・・
ちょっと心配

家族での対策会議(^^ゞ
いいですねぇ

でも、おもちゃ達ったら
売ったくまさん達を認識してないって
ちょっと不自然かな(^^ゞ

でも、それ以上に
みんながどろんこになっていた理由が
いいんですよ

みんなも、ねこさんのような
わすれんぼしないで
おもちゃは、大切にしてほしいです
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 対象は、大人?  掲載日:2014/10/3
かがみのなか
かがみのなか 作: 恩田 陸
絵: 樋口 佳絵
監修: 東 雅夫

出版社: 岩崎書店
うわっ!出た!怪談えほん・・・
見たくないけど
怖いもの見たさ・・・
この絵の力もなんともすごい

作者は、仙台市出身ということで
なんと2014年9月28日には
この絵本出版記念に
仙台で、絵担当の樋口さんが製作秘話とサイン会を
したようです

怪談絵本シリーズの監修者で
文芸評論家の東雅夫氏もご一緒だったようです

この絵本の対象は、子どもなんでしょうか?

小学校での読み聞かせには
どうなんでしょうか?
こどもの好奇心?
怖いおはなしが好きーだけで選ばれていいのでしょうか?

中には、感受性の強いお子さんや
本当に怖がりのお子さんもいらっしゃると思われます

昔から子ども同士でも
その時々で都市伝説が流行ったりするものですが
あまりにリアル過ぎるのはいかがなものかと

ゲームやDVDとかでも残虐なシーンを平気で
見ている子どもが普通ーと、大人が判断することは
怖いことです

題材の「鏡」は
古来より、魔力、霊力のあるものと
されていることもありますし
合わせ鏡とか
異界の世界への入り口とか
インプットされていますからね

作品的には
絵を見ているだけでも
いろいろな解釈が出来て
怖さや意味合いも深いです

このシリーズは作品評価は難しいです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う はじめての習い事!  掲載日:2014/9/20
ダンスをならう
ダンスをならう 作・絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 岩崎書店
「そとごはん」「うちのいぬ」に続く
ヘレン・オクセンバリーさんの
はじめてのおはなしえほんシリーズ
見っけ!

谷川俊太郎さんの訳で
くどくど説明もなく
初めての習い事の様子が
よ〜くわかります

表紙から興味深いですよね
練習儀のスカートの端をつまんで
バレエですよね?
シューズのリボンがほどけそうな
水色の練習着もタイツもなんかだらしない?
大きいのかな?
なんか、ふざけているのかな?
いろいろ想像してしまいます

表紙をめくると
これまた個性的な練習風景
上手ですねぇ
こどもの表情、しぐさ・・・
ふざけている男の子の様子なんか
絶対いるよね、こういう子!みたいな

おかあさんが勧めて習いに行くようです
お母さんのイメージ図?

なるほど、大きめのを買ったんだ
「すぐに大きくなるから」
気持ちは、わかります(笑

ヘレン・オクセンバリーさんの絵を
見ているだけでも
おもしろいんです

店員さんの姿勢も、なかなか
習っている先輩達の様子が気になるんだよね
シューズの結び方が変だよ・・・
笑っちゃったのが、ピアノの先生!!!
こういう先生っていらっしゃいますよね(笑
年齢を重ねたせいか、足に包帯巻いているけど
湿布かしら?
裸足の男の子の足の裏は汚れてる!
お母さんのお洋服のコーディネートも!
シンプルなんだけど
細かい所まで、描かれています

先生の対応がいいですね
素敵ですよ
いいなぁ〜、こういう先生

習い事って、まずは楽しくなくっちゃ!
楽しく続くといいですね
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい よかったね!ねずみくん♪  掲載日:2014/9/20
ねずみくんとおんがくかい
ねずみくんとおんがくかい 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
図書館の「おんがく」紹介コーナーにありました
久し振りの「ねずみくん」!
ご無沙汰で
再度、読み直ししてみようかな・・・

チョッキとは、別に
とりかえっこ出来ないんだよね

みんな自分の楽器を
自慢しているような
でも、確かに
みんなには、ぴったりな楽器に思えるし
自信があるようで
とっても羨ましく
その分、ねずみくんの気持ちを思うと
なんだか悲しく、情けなくなってきます
でも、ねみちゃんも一緒で
そこは、心強いところ!

ねずみくんのおはなしが
ぐぐっとくるのは
共感しやすいところにありますよね

最後は、安心するし
自信満々だったねこくんより
とっても楽しそうな音楽会になりましたよ
参考になりました。 0人

2971件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中