続・被爆者 70年目の出会い 続・被爆者 70年目の出会い
著: 会田 法行  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
『被爆者 60年目のことば』から10年たった今、私達ができることはなんなのでしょうか。

しいら☆さんの公開ページ

しいら☆さんのプロフィール

その他の方・50代・宮城県

自己紹介
保育士歴11年ちょっとで退職。子育て歴23年(+_+)ゞなんだりかんだりボランティアに首を突っ込んで・・・(^^ゞ興味のあるものには、なんでも挑戦♪
好きなもの
絵的なモノ・雑貨的なモノ・文字的なモノ・音楽的なモノ・踊り的なモノ
ひとこと
1日10個楽しい事探し♪
ブログ/HP
人、モノ、何でもいろいろな出逢いを紹介出来たら・・・と、思っています。

しいら☆の宝石箱

公開

しいら☆さんの声

3086件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子取りぞ!?  掲載日:2015/8/25
ことりぞ
ことりぞ 作: 京極 夏彦
絵: 山科 理絵
編: 東 雅夫

出版社: 岩崎書店
あまりにも絵が気になって
県図書館から借りてきたのですが
これって・・・怖いかも

ほら、「怪談えほん」シリーズの
最後がと〜っても怖い
怖いのが苦手な人は、見ない方がいいです
感受性が豊かなお子さんにもお薦めは出来ません
夢に出てきそうで
『いるの いないの』の
京極さんだし
「妖怪えほん」って書いてあるし・・・

でも、どうしても
この絵が気になり

あら、文字も少ない

って「ことりぞ」って何???

黒猫ちゃんが気になる・・・
お面がとっても気になる・・・

ん???
もしかして
「子取り」ってことか!?

ネット検索したら、これまた知らないことばかり!
「油取り」「神隠し」・・・
島根県出雲地方の妖怪ですって

で、小学4年生の怖いおはなし大好き女の子と
その母に読み聞かせチャンス!
「怖くない」と言いつつ
2人で、最初からページをめくって
「何でお面?」
「このもやもやって、妖怪?」
「黒猫は、やっぱり不気味だよね、あっ、ここにもいる」
「蛾もいるよね」 ・・・ と、楽しんでくれてました

もちろん『いるの いないの』っていうのも
あるからね〜
と、「京極さんで
絵が違う人だけど
『あずきとぎ』って、白猫だったり
関連しているみたいだよ」という情報もお知らせ

絵の山科さんは、この作品が初絵本だそうです
古風な日本画的で
センスが、と〜っても素敵で、魅了されます
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う やっぱり!昭和的  掲載日:2015/8/20
まてまて タクシー
まてまて タクシー 作・絵: 西村 敏雄
出版社: 福音館書店
にしむらさんの絵本だ!
と、県図書館で見つけ
借りてきました

この帽子をかぶっているから
「ハット」さん?なのかな?

タクシーに
何を忘れたの?

あらあら・・・大変な執着です(笑

いっぱいのタクシーに
ウォーリーを探せ!状態(笑

なんとも、昭和的な絵と展開に
なんか、ぽわ〜んとした
なんか、ちょっと笑っちゃうような

西村作品なんだなぁ〜
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほっこり♪  掲載日:2015/8/20
おかあしゃん。はぁい。
おかあしゃん。はぁい。 作: くすのき しげのり
絵: 岡田 千晶

出版社: 佼成出版社
「おかあしゃん。」

「はぁい。」

この繰り返し
子育て中のママ達は
日々、何百回されているでしょう

ん?
この絵本のように
やさしく、包容力のある「はぁい。」ではなく

「なに!?」
「ちょっと、待ってて」
「あとで」

の方が、多くないですか???

って、小さい子の子育てがとっくに終わってしまった
おばさんは、振り返るのです

この絵本は、「安心」を教えてくれます
「心」が落ち着くというか

なんていうことはないんですよ
ただ
「しあわせ」
を、感じさせてくれます

「こんなの、当たり前だよ!」
そういう子どもは、OKなのかな

おりがみのチューリップ
ぬいぐるみのわんちゃん
小道具の絵も素敵ですよ

カバーの絵にも
対面になって

「おかあしゃん。」

「はぁい。」

心がほっこりしました

忙しいママ
怒りんぼママに
お薦めなのかもしれません
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 平和を考える絵本&詩  掲載日:2015/8/19
せんそうしない
せんそうしない 文: 谷川 俊太郎
絵: 江頭 路子

出版社: 講談社
と〜っても気になっていた絵本です

県図書館の新刊コーナーで見っけ!!
夏休み中、子ども達に読んでほしいけど
おばちゃんにも見せてね

淡い水彩画で
プールバッグを持った女の子と
男の子がキャベツ畑の所から
出かけるようです

「〜と 〜は せんそうしない」

という短い谷川さんの 「詩」

こんなにシンプルなのに
こんなに心にズン!とひびくのは
何なんでしょう

海辺へ来て

「こどもと こどもは せんそうしない
けんかは するけど せんそうしない」

このページから
本筋です

なるほど・・・
そうなんだよね・・・
日常からかけ離れた絵になります

「ひとが ひとに ころされる
しぬより さきに ころされる」

のページから
いっきに、今度は日常にー

この展開にも驚きと
安心感と
さすが!と、リスペクト

これは、ただページをめくるだけではないなぁ
じっくり、ゆっくり
味わって、読み聞かせにいいかもしれません

お盆とともに
15日は、終戦記念日
素敵な絵本&詩に巡りあいました

お薦めです
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい お勉強になりました!  掲載日:2015/8/19
このあしだあれ? はじめてであう いきものの ふしぎ
このあしだあれ? はじめてであう いきものの ふしぎ 編: ネイチャー&サイエンス
出版社: 河出書房新社
「全ページためしよみ」で
楽しませていただきました
対象年齢が2歳〜になっていますが
どうしてどうして
大人でもわからないんじゃないかしら?

写真なので
とてもリアル

身近な動物というより
特徴的な「あし」の持ち主たちが
勢揃いです

海に住んでいるこれはわかりますよ
でも、これって「ねこ」じゃないの?

とか

えっ!?
こんな色なのかしら?

何だ?この形は・・・
へぇ〜っ、生活に適した形なんでしょう

一緒に考えながら
楽しめそうです

へぇ〜っ の「あし」は
さて、何でしょう!?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う クイズみたいに楽しめます!  掲載日:2015/8/2
どんどん くるくる
どんどん くるくる 文: 中尾 昌稔
絵: 岩田 明子

出版社: 大日本図書
全ページためしよみで
楽しませていただきました!

表紙からして
チョコとバニラのソフトクリームです!
これは、「何だ!?」と
飛びつきやすいです
子どもも、大人も(笑

完成形でなく
その途中のこの「くるくる」感がいいんです

で、参加型、クイズ型で
楽しめます

予想通りの展開ではありますが
それがまた、小さい子にはいいと思われます

最後にみんな登場!

でも、時間移動があって
さっきは、ここだったけど
こっちでは、ここ・・・とか
動物さん探しも楽しめます

なるほど、絵本を閉じるまで
クイズは、続きますよ
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な作品  掲載日:2015/7/30
画本 風の又三郎
画本 風の又三郎 影絵: 藤城 清治
原作: 宮沢 賢治

出版社: 講談社
『画本』になっています

あとがきから
読んでみました
藤城さんの小さい頃から学生の頃のこと等も
記載してあります
なるほど・・・

「若い頃」読んだと時以上にこの作品のすばらしさが
わかってきた −とのこと
450代に名場面を選んで影絵作品にしたそうですが
これは、絵本・・・
作品も大きいそうですし
90歳過ぎての創作ですから

で、文章も左側のページが日記風になって
右側にあらすじと
藤城さんのスケッチ画があります
で、数ページ影絵のページが続きます
素敵です
絵の中に吸い込まれそうです

すごいですねぇ
原画も見てみたいです

と〜っても雰囲気があって
素敵です
賢治作品には、あまり絵をつけてほしくない派ですが
藤城さんのは、イメージ通りです
自然、又三郎のハイカラな感じ・・・
いいです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自己否定から だれかのために出来ること  掲載日:2015/7/25
なんにもできなかったとり
なんにもできなかったとり 作: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
ナビさんからポイントで購入した
「ピッポのたび」は
息子に取られてしまいました(笑
とても、気に入ったようなのです

絵も、内容もどうも惹かれるところがあるようです

今回は、全ページためしよみ♪
を読ませていただき・・・

ん?
しっぽに花?かな???

これが最大のヒント!?なのかも

自己否定の場面が続きます
兄弟と比べちゃうよね
おかあさんは、何も言ってないのかなーが気になるのですが
兄弟も助けてはくれないのね

ちょっと辛い・・・

でもー
誰かのために
自分が出来ることがあると
自分の存在価値がわかる

でも、このとりさんは・・・

絵がとても素敵です
実物を見てみないと!!

子ども向けというより
思春期の子とか
やっぱり大人かな

「心」を考える時
自分にご褒美をあげたい時とかにいいかもしれませんね

とにかく、絵が、色使いがとても素敵です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい イギリスの昔話  掲載日:2015/7/25
ディック・ウイッティントンとねこ
ディック・ウイッティントンとねこ 作・絵: マーシャ・ブラウン
訳: まつおか きょうこ

出版社: アリス館
来月の「ブックトーク」の研修があり

事前に読んで
可能であれば、持参ください

とのこと
う・・・ん・・・
恥ずかしながら
読んだことがなかったです

確か、私が生まれる前に出版された本だったような・・・

苦労話
これでもか、これでもかーという位
辛い目にあっています

そうそう・・・
昔の子ども向け作品って
こういう展開が多かったように思います

過程は大変だったり、辛かったりするけど
最後には、幸せに、名誉も金も手に入れるーみたいな

複線もあり
意地悪な人もいるし
陰ながらの協力者もいるし

最後の展開での関係性ーとか

予想通りの展開で
安心することもあり

ねずみを捕る猫がキーパーソン
「ハメルーン」もそうでしたが
昔むかしのペスト流行とか
ねずみ被害は、本当に大変だったんだろうなぁ〜
とか

ひとつのお話から
いろいろなことを考えさせられました

2色刷りの版画?も素敵で
雰囲気が出ていると思います

読み継がれていくイギリスの昔話の絵本
お薦めです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 人間の業  掲載日:2015/7/25
銀のうでわ
銀のうでわ 作: 君島 久子
絵: 小野 かおる

出版社: 岩波書店
来月の「ブックトーク」の研修があり

事前に読んで
可能であれば、持参ください

とのこと
う・・・ん・・・
読んだことがなかったです
文字が多いから(笑

でも、読み始めると
展開が早いので
次は、どうなる?と、気になりますし
皆さん感じる「シンデレラ」のストーリーとの
共通点と相違点

お国柄、民族性 もあるのでしょうね

民話らしく
戒めもあるでしょうし

話の途中から
主人公目線ではなくなったり
後半は、継母は出なくなって
継姉?がその血を継いでいるかのような振る舞い

シンデレラもそうですが
継母、継姉は、どうしてこういう生き方だったんだろう
というのが、私が幼い頃から
感じることです
人間の性?業?
全世界共通な事柄なのでしょうか
考えさせられます
参考になりました。 0人

3086件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「めがねうさぎ」シリーズ せなけいこさんインタビュー

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
サイン本販売中