雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

うみとぼく」 みんなの声

うみとぼく 作:中渡治孝
出版社:福武書店
本体価格:\1,456+税
発行日:1990年07月
ISBN:9784828849058
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,403
みんなの声 総数 2
「うみとぼく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とにかく、開いて絵を見てください。

    海で生活する家族の一日。
    「ぼく」は海を見て海の様子を知り、天気の様子も知る。
    天気が悪くなれば、海へ出たお父さんの心配もする。

    穏やかで美しいばかりではない、生活に関わった海を、
    リアルに描いた絵本です。
    海の絵を存分に楽しみました。

    夕日の海の絵には、感動しました。「お父さんが帰ってきた!」
    ぼくの喜びが、こちらにも伝わってきます。
    私も、オレンジ色の夕焼けの頃、お父さんが帰ってくると、安心して、うれしかったなあ。
    そんな事を思い出しました。

    掲載日:2006/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵

    • モリヘイさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

     素敵な表紙に惹かれて手に取りました。海で生活する人が見る海が描かれていると思いました。写真集にあるような美しい海ではなくごつごつとした漁師の手のような海です。
    お話も漁師とその子供のお話です。感動物語ではありませんが素直になれるようなお話です。

    掲載日:2004/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おひさまパン / おへそのあな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



マグネットピースが付いた、きせかええほん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット