おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

10本のまっかなバラ」 ムースさんの声

10本のまっかなバラ 作:イヴ・メリアム
絵:ジュリア・ゴートン
訳:たまの まさと
出版社:あづき
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年07月
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,948
みんなの声 総数 8
「10本のまっかなバラ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 真っ赤なバラに心をこめて

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子10歳、女の子5歳

     10本の真っ赤なバラと10人の子どもたち。バラと子どもって、すてきな取り合わせと思っていたら、まさに期待を裏切らないあたたかで意味深い絵本でした。数の絵本でもあるので、もちろん1から10までの数の確認ができます。でも、この1本1本、ひとりひとり……という概念が同時に心の深さをも示すと思うので、実は単なる「数」というわけでもないのでは、とも感じました。
     それと、赤いバラって人をひきつけますね。各ページ鮮やかに描かれたバラの花はとても印象的です。子どもたちの幸せそうな顔もすごくいいです。(笑顔って、子どもにとってはとても大切ですよね。わたしが真剣な顔つきをしていると「ママ、笑って!」と娘はいつもリクエスト。他人が笑顔でないと、それがいやみたいで、「笑ってない……」としょげています。)
     たまたまクラスに双子の兄弟くんがいることや、やっと慣れ始めた学校の風景がそのまま描かれていることなど、まさに娘にはぴったりのタイミングで、いろんな刺激がもらえた作品になりました。最後のページがとてもすてきですよ!
     そうそう、お絵かきの好きな彼女は表紙を見て、まずバラの描かれ方に興味を抱き、自分の描き方と比較していました。(偶然にも、バラの花束の絵を担任の先生に贈ったばかりだったのです!)そして、さすがは数の絵本。バラを描くときに、今度は葉っぱの数を一枚ずつ増やして描くなど、しっかり「数」を意識していました。

    掲載日:2004/10/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「10本のまっかなバラ」のみんなの声を見る

「10本のまっかなバラ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / もしゃもしゃマクレリーおさんぽにゆく / もしゃもしゃマクレリーねことおっかけっこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット