雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  『やっぱりオオカミ』や『ぶたのたね』で大人気!『佐々木マキ アナーキーなナンセンス詩人』佐々木マキさんインタビュー

『やっぱりオオカミ』や『ぶたのたね』で大人気!『佐々木マキ アナーキーなナンセンス詩人』佐々木マキさんインタビュー

「「佐々木マキ」という名前を聞いて、みなさんはどんなイメージを思い浮かべますか?」そんな冒頭ではじまる、『佐々木マキ アナーキーなナンセンス詩人』(小原央明/編、出版社:河出書房新社)。この本の中には、『やっぱりオオカミ』(福音館書店)や『ぶたのたね』(絵本館)などを出版している人気絵本作家の佐々木マキさんだけでなく、「マンガ家」としての佐々木マキさんや「イラストレーター」の佐々木マキさんなど、デビューから現代までの佐々木マキさんの仕事が、一冊にまとめられています。そんな「佐々木マキ」にどっぷりひたれる本のおはなしを伺いに、佐々木マキさんのお宅にお邪魔しました。これを読んだらあなたも、佐々木マキマニアになれること間違いなし!

佐々木マキ アナーキーなナンセンス詩人
著:佐々木 マキ
編:小原 央明
出版社:河出書房新社

『やっぱりおおかみ』などの絵本作家、漫画家、イラストレーターと多方面で知られる佐々木マキの初の総特集。シュールでポップ、不思議だけどかわいいナンセンス・ワールドにようこそ。 佐々木マキの素敵なナンセンス・ワールドにようこそ! 佐々木マキという作家は、きわめて多彩な表情を持っています。 その名前は聞く人によってさまざまに異なったイメージを呼び起こすことでしょう。 たとえば、子どものころに読んだ忘れられない絵本の作者。 あるいは1960年代末に「ガロ」でセンセーションを起こした前衛マンガ家。 はたまた村上春樹の初期小説の装画なども手掛けるイラストレーター……。 本書は、多様な分野で活躍する佐々木マキの仕事を一望する、画期的な入門書です。 また、未発表のイラストや資料も多数収録した、貴重な作品集でもあります。

どれだけ知ってる? 佐々木マキクイズ!

『佐々木マキ アナーキーなナンセンス詩人』に出てくる佐々木マキさんのデビューから現在までの軌跡をクイズ形式で紹介します。あなたは何問、答えられますか?

Q1.佐々木マキさんは男性? 女性?

A.男性です。
名前から女性と思われている読者も多いのですが、佐々木マキさんは男性です。

Q2.佐々木マキさんのデビュー作は、絵本?

A.マンガです。
1966年、「ガロ」(青林堂)というマンガ雑誌に投稿マンガ「よくあるはなし」が掲載され、マンガ家としてデビューしました。実験的ともいえる、スタイリッシュで前衛的な作風は、多くの読者を魅了しました。佐々木マキさんが絵本作家としてデビューしたのは1973年です。

Q3.佐々木マキさんの絵本作家としてのデビュー作は?

A.『やっぱりオオカミ』(福音館書店)
真っ黒なシルエットに「け」としか発しない、なんとも印象的なオオカミの絵本が佐々木マキさんのデビュー作。でも、実は「ガロ」で発表していたまんがの中に、このオオカミも登場しているのです。

 class=

……いかがでしたか? 「全部知っていた!」という方もいるかもしれません。でも、この『佐々木マキ アナーキーなナンセンス詩人』の中には、まだまだ知られていない「佐々木マキ」の作品やエピソードがたっぷり入っています。貴重な内容をちょっとお見せしちゃいますね。


デビュー前の未発表原画や……。


「宝島」で連載をしていた表紙。


貴重なアトリエ風景も載っています。

それでは、次のページから、佐々木マキさんのインタビュースタートです。

出版社おすすめ



「ななちゃんの絵本」シリーズ つがねちかこさんインタビュー
【0歳】絵本ギフトセット

佐々木マキ(ササキマキ)

  • 1946年神戸市生まれ。絵本に『やっぱりおおかみ』『まじょのかんづめ』『おばけがぞろぞろ』『くりんくりんごーごー』(以上福音館書店)、『変なお茶会』『ピンクのぞうをしらないか』『はいいろこくのはいいろひめさま』『ムッシュ・ムニエル』シリーズ(以上絵本館)、『やまからきたペンギン』(フレーベル館)『ね むいねむいねずみ』シリーズ(PHP研究所)、『おばけのばむけ』(教育画劇)など。童話に『なぞなぞライオン』『おれはレオ』(以上理論社)などがある

作品紹介

佐々木マキ アナーキーなナンセンス詩人
著:佐々木 マキ
編:小原 央明
出版社:河出書房新社
全ページためしよみ
年齢別絵本セット