1歳のえほん百科 1歳のえほん百科 1歳のえほん百科の試し読みができます!
監修: 榊原洋一  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
シリーズ累計220万部の「年齢別えほん百科」を全面改訂版。1歳児の発育にぴったり!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  『ヨーレのクマー』宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

『ヨーレのクマー』宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

主人公は誰の目にも見えない「かいじゅう」・・・。そんなふしぎな絵本『ヨーレのクマー』(KADOKAWA)を生み出したのは、ミステリーやファンタジー、ホラーなどジャンルを超えて数々の傑作を生み出す作家・宮部みゆきさんと、「魔女の宅急便(3)〜(6)」(福音館書店)、「ハウルの動く城」シリーズ(徳間書店)、多くの名作を挿絵で飾ってきた画家・佐竹美保さん。今回は、透明な「かいじゅう」クマーの生まれたいきさつや、制作秘話、日々の創作について、お二人に貴重なお話をたっぷりと伺いました!

ヨーレのクマー
ヨーレのクマーの試し読みができます!
作:宮部 みゆき
絵:佐竹 美保
出版社:KADOKAWA

クマーは、かいじゅうです。美しい自然に囲まれたヨーレのまちを守っている、いいかいじゅうです。でもそのことをまちの人は知りません。クマーは体が透明なのです。しかしある日、わるいかいじゅうとたたかって怪我をしてしまったクマーは、姿が見えるようになってしまいました。そのときまちの人たちがとった行動は…?

───宮部さんと佐竹さんは、今回が初対面でいらっしゃるそうですね。そうは思えないほどアットホームな雰囲気です。まずは、お二人に、絵本の制作を終えられた感想をいただけますか?

宮部:今回は絵本なので、私としては文章を書いてお渡ししてしまったら、何もできることがなくて……。もう「どうぞよろしく」って佐竹さんにお願いするしかなくて(笑)、丸投げで申し訳ありませんでした。

佐竹:いえいえ。私も絵本はいくつか出してるんですが、原作が物語というのは初めてだったので、感無量でした。挿絵の仕事と比べると、やっぱり絵本って違うんですよね。

宮部:絵本で物語るのは、八割方 絵ですから。文字の役割は小さいですから。

佐竹:逆に、だからこそ自分で想像して絵に膨らませる楽しみがありました。文字が多すぎると、そっちに引きずられちゃうので。今回は、私としても挑戦した仕事で、すごく楽しい……苦労したけど、楽しかったです。

───『ヨーレのクマー』は、宮部みゆきさんのミステリ小説『悲嘆の門』(毎日新聞社)の作中作がもとになった絵本作品ですね。小説を執筆されているときから、実際の絵本になるイメージはあったのでしょうか?

宮部:作中作として『ヨーレのクマー』という絵本のことを書いたときは、あまり深く考えてなくて(笑)。だから、実際に絵本にしてもらえることになったときには、とても嬉しかったのと同時に、けっこう焦りました。「なるのかな、ホントに」って。「今こんな感じです」って進行状況を教えていただくうちに、だんだん「本当に絵本になるんだ」と思って、なんかもう冷や汗が出ました(笑)。

佐竹:実は、今日これを持ってきたんですけれど……。

宮部:あー!


佐竹さんのかばんから出てきたのは、最初のサンプルとして描かれたカットの原画!

佐竹:彩色もしてあります。

宮部:これが! アイディアの出発点なんですね。

佐竹:編集部に、「こんなふうになるんだよ」と送ったものです。いろいろと試しに描くうちに、これが描けて、ようやく、「あ、(クマーの姿が)決まったな」って。

宮部:これのコピーを編集部からもらって、私、仕事部屋に貼ってあるんです。ずっと貼っているので、すごい日に焼けてきちゃって。

佐竹:今日、宮部さんに差し上げようと思って。

宮部:まあ、嬉しい! ありがとうございます。この紫の色味がすごく好きなんです。

佐竹:ああ、よかった!

───宮部さんが小説の中で書かれたとき、絵本の原稿として書かれたとき、それぞれのいきさつを伺えますか?

宮部:(『悲嘆の門』の中では)物語を丸ごと載せてはいなくて。クマーという怪獣のことを書いたのは、「守っているはずのものが実は怪獣である」という、そのダブルミーニングの部分を使いたかっただけなんです。

佐竹:ええ。

宮部:結局、あの会社(*1)を起こした社長がそのダブルミーニングを気に入って、「私たちもまた怪獣になりうる」と。「ネットの番人もまた怪獣になりうるけれども、だからこそ番人として守りえるのだ」という気持ちを持っています。もうひとつ、クマーが透明であるということ。「私たちは姿が見えない」「私たちは生の顔を見せない」ということで、社長は自分が好きだったクマーという怪物の名を、自分の起こした会社につけた、という設定なんです。だから、小説中に登場する絵本の内容は、大雑把でしたので、いざ絵本にしていただくとき、もう少し膨らませて書かせてもらいました。「(絵本の)表現が、ちょっと『悲嘆の門』とは違いますけど、いいですか」って(編集部が)気にしてくれたとき、「全然OK。こっちが正解だから。絵本として世に出るのはこっちだから」って言ったんです。

(*1)『悲嘆の門』本文中には、株式会社クマーという、サイバー・パトロール(ネット社会の警備)を行う架空の会社が出てきます。ネット上に潜む、実体の見えない危険、犯罪、悪意を取り締まる株式会社クマー。その社名は、社長が「子どものころ好きだった絵本に出てくる怪獣の名前」から取ったものだと知った主人公・孝太郎は、興味を覚えます。そして偶然、神田の古書店で見つけた絵本がノルウェーの翻訳絵本『ヨーレのクマー』でした。孝太郎は、絵本と社長の思いに心を動かされ、株式会社クマーでバイトすることを決めます。

───「クマー」という名前は非常に特徴的ですが、何か由来はあったのでしょうか。

宮部:いや、何だろう……ふっと思いついたんですよね。でも、どこかで聞いたことがあった言葉なのかもしれません。

佐竹:あ、そうなんですね(笑)。なんか熊のイメージ?

───たしかになんとなく、語感から毛のある生き物を想像しました。

宮部:でも、そうだったと思う。爬虫類的なものではなくて、もさもさっとした怪獣だと思っていたので多分、クマーにしたんだと思います。でも、じゃ、ヒグマーにすればよかった(笑)。

佐竹:なんかこう、クマーって、ちょっと不思議な感じ。

宮部:ねぇ。

佐竹:ヒグマーだと収まりすぎているし、クマーってちょっと余韻がありますね。

宮部:クーマでもないしね、なんでクマーなのか……いまだに自分でもわからないですね。ごくごく自然についちゃって。もしかしたら、昔何かで読んだ地名だとか、架空の町の名前だとか、ゲームの中に出てきた国の名前だとか、そんなことなのかもしれませんね。だから、意外に今後、読者の方から、「クマーって、あのクマーですか」ってお問い合わせがあって、「あ! それだ!」ってなるかもしれません。

───「クマー」のキャラクターのデザインはすぐ決まったのでしょうか。それともラフが決まるまでには、たくさんの「クマー」たちがいたのでしょうか。 どのようにして今の形になったのか教えていただけますか?

佐竹:怪獣だけど、きっとかわいいだろうな、って思ってたんです。なので、最初はこういうかわいらしい感じなんだけど……。


初期の構想ラフを見せていただきました。

宮部:でも「怪獣」なんだと。姿が見えちゃったら……。

佐竹:怖い。

───それで、今のクマーの姿にたどりついたんですね。

宮部:でも、この子(採用されなかったクマーのラフ)もかわいい。この、しおれてるのが(D)。いい子いい子してあげたくなる。

佐竹:いちばん最後にカバー絵を描いたんですが、そのときに、このフィヨルドの風景丸ごとが多分クマーなんだなって思えたんです。そこまで行きつくのに何か月もかかりました。とにかく最初はキャラクターを決めるのに時間がかかって。

宮部:この子がこの形になるまで。

佐竹:どこかで勘違いしてたんでしょうね。途中で、これで進めていっても、しょうがないだろうと気がついて。編集者と話していて、ほかの怪獣たちと同じ怖さがある存在なんだというのが、はっきりしました。

宮部:北欧にトロールっていますよね。

佐竹:そうそう。ちょっとそれも連想したりして。

宮部:ちょうど『悲嘆の門』を書いているとき、「トロール・ハンター」という映画を観まして。そっちはすごく大きな怪獣だったんですが、こっちは、あそこまで大きくないし、怖くはない……でも、怖いんだけど、ちょっとかわいくてユーモラスっていう、漠然としたイメージはありました。

佐竹:でも、なぜクマーだけが透明なのか、わからない。

宮部:ですよね。説明もしなかったし。

佐竹:お父さんお母さんが「大事な角」と言ってくれたってことは、お父さんもお母さんもいたっていうことで、クマーのお父さんとお母さんも透明なのかなあ、とかいろんなこと考えて。

宮部:そう。一応、お父さんとお母さんも透明で――だから、何ていうんだろう、よいトロールみたいな。この一族、クマーの種族は、数も少なくて、大きなフィヨルドに一頭いるぐらいな感じで。だからこそ、主というか、守り神というか。でも、神様のように信仰される存在ではなくて、人々には知られてないっていう。

───クマーが最終的にどんな姿になったか、読者の方はぜひ絵本を開いて確かめてみてください!

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


大切なたからものを、王さまと一緒に探してください
【5歳】絵本ギフトセット

宮部みゆき(みやべみゆき)

  • 1960年東京都生まれ。東京都立墨田川高校卒業。法律事務所等に勤務の後、87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞長編部門、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年『火車』で山本周五郎賞、97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年『理由』で直木賞、2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞を受賞。02年司馬遼太郎賞と芸術選奨文部科学大臣賞文学部門、07年『名もなき毒』で吉川英治文学賞、08年英語版『BRAVE STORY』でThe Batchelder Awardを受賞。

佐竹美保(さたけみほ)

  • デザイン科を卒業後、上京。SF・ファンタジーの分野で多数の作品を手がける。主な仕事に『虚空の旅人』『蒼路の旅人』『不思議を売る男』『宝島』『幽霊の恋人たち』『西遊記』『フランダースの犬』『魔法使いハウルと火の悪魔』『ローワンと魔法の地図』などがある。

作品紹介

ヨーレのクマー
ヨーレのクマーの試し読みができます!
作:宮部 みゆき
絵:佐竹 美保
出版社:KADOKAWA
全ページためしよみ
年齢別絵本セット