しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  謎解きさがし絵本『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』アートユニット”uwabami” ムトウアキヒトさん&はらだかおるさんインタビュー

謎解きさがし絵本『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』アートユニット”uwabami” ムトウアキヒトさん&はらだかおるさんインタビュー

アートユニット”uwabami”は、線画担当のムトウアキヒトさんと、着彩担当のはらだかおるさんの2人組。
2人が編み出したオリジナル画法「ライブキャラストレーション」(ライブペイント)は、観客の目の前で、リクエストに応えながら、その人を画面に一発描きで登場させて、たくさんのストーリーを繋げて1枚絵にするという、エンターテインメントです。
その手法を絵本に取り入れた作品が、『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』(学研)。 インタビューでは、絵を描くきっかけやユニットを組んだ経緯、作品作りへのこだわり、そして絵本制作の裏話などをお伺いしました。

タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜
作・絵:uwabami
出版社:学研

謎を解きながら超絶技巧の絵さがしを楽しもう! 盗まれた水玉シーツを追って、変身が得意なタヌタヌ探偵と大冒険! 事件が事件を呼ぶ異例の展開にハラハラドキドキ。物語の最後には、意外な秘密が明らかに…。さあ、この謎が君に解けるか?!

師弟コンビ”uwabami”の画法は、路上パフォーマンスから生まれた!

───お二人は、小さい頃から絵本はお好きでしたか?

はらだ絵本も本も大好きで、すごく読んでいましたね。自分では覚えていないのですが、小さい頃は『ノンタン』シリーズ(偕成社)が大好きで、1冊丸ごと暗記していたそうです。

ムトウ僕は、『ガンピーさんのドライブ』(ほるぷ出版)や『きかんしゃやえもん』(岩波書店)、『やぎのはかせのだいはつめい』(福音館書店)を読んだことを覚えています。

───そんなお二人がユニットを組んだきっかけを、教えてください。

ムトウ:僕が、仙台美術予備校に通っているときに、当時講師をしていたはらださんと一緒に、企画展をやったことですね。

はらだ:そうそう、企画展のときに、ただ絵を飾るだけではおもしろくないので、「なにかお客さんと、直接関わるようなことをやろう」という話になったんです。そこで仙台の小さな美術館を借りて公募のグループ展を企画しました。
開催期間中に作家陣が日替わりで、ワークショップを開いていたのですが、その時初めて、来てくれたお客さんをその場で絵に描くという、ライブキャラストレーションの原型みたいなことを試しました。当時はまだ、明確な役割分担はなかったのですが、割とすぐに、得意分野で分かれてきましたね。

───そうだったんですか。それで現在は、ムトウさんが線画、はらださんが着彩担当になっているんですね。その時のワークショップでの、お客さんの反応はいかがでしたか?

はらだ:すごく良かったです。それで「これはおもしろい」と思って、あちこちでやり始めました。それがユニットの始まりです。その頃には、ムトウくんも無事に美大生になり、夜に自転車で集まって、路上で道行く人を絵に描くようになって。

ムトウ:木枠に紙を貼ったパネルと三脚を持って行って、マーカーと水彩絵の具で描くという、今と同じスタイルでやっていました。最初は週に3〜4日ぐらいのペースでしたが、お客さんが喜んでくれるのがうれしくて、毎日というときもありました。それが今から6、7年前のことです。

───なるほど、展示会でひらめいたライブキャラストレーションの画法が、路上パフォーマンスで完成されたんですね。”uwabami”としてユニットを組んだ後は、どんな活動をなさっていましたか?

ムトウ:デパートのイベントでライブキャラストレーションをやったり、自主制作でアニメーションを作ったり、イラスト制作をしたりしていました。


はらだ:私が学生時代に1本作ったことがあったので、やってみようと思って制作したのが、アニメーション「ねぼすけサンタ」(YouTube動画はこちら>>)です。

ムトウ:ストーリーや構成は2人で考えて。僕が手描きで線を描いて、その後は、はらださんが着彩・編集・音入れをして仕上げるという感じでやって、制作期間は1ヶ月ぐらいでした。

───ストーリーは、どんな風に組み立てていくんですか?

はらだ:話し合って決めていきます。「ねぼすけサンタ」は、ムトウくんの絵を見ていたときに、「イラストの中で、このまま絵が動いたらおもしろいな」と思っていたことを、やってみたという感じです。だからアニメの場合は、ストーリーからではなくて、逆にコンセプトから考えた感じもありますね。


着彩担当のはらださん。

ムトウ:こういう動きをさせたいというイメージをもとに、おはなしを作った感じかな。寝坊したサンタさんにみんなが協力して、プレゼントを配るところまで手伝うというのが、大きな流れです。
その中で、猟師がトナカイと仲良くなって連れて帰るなどの小ネタが、同時にいろいろな場所で起きていて、最後にまとまって終わるということをやりたかったんです。

───1つの画面で、同時にいろんなことが起きるという構成は、ライブキャラストレーションの画法と同じですね。

ムトウ:そうですね。ライブキャラストレーションは、路上でやるスタイルだったこともあって、ひとりの人をずっと追いかけるというよりは、いっぺんにたくさんの人を取り入れていく感じなので、似ているかもしれません。

はらだ:ムトウくんは、1回見た人の顔は忘れないという、特殊技能があるんですよ(笑)。

───なるほど、その特殊技能が、ライブキャラストレーションに活かされているわけですね。お客さんをパッと見て、すぐに絵にできるなんてすごいです。

ムトウ:僕は、まずパッと見てその人の特徴を頭の中で整理します。次にその人らしい仕草を想像して描いています。


線画担当のムトウさん。

───お二人のお話をお伺いして、ライブキャラストレーションのすごさがわかりました。次はいよいよ『タヌタヌ探偵〜水玉シーツの謎〜』の制作について、お話を伺います。

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー
kodomoeの人気グッズが絵本ナビで買える♪

作品紹介

全ページためしよみ
年齢別絵本セット