だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  『こんなことがあっタワー』丸山誠司さんインタビュー

《スペシャルコンテンツ》インタビュー

2013.01.24

『こんなことがあっタワー』
丸山誠司さんインタビュー

一覧を見る

『こんなことがあっタワー』丸山誠司さんインタビュー

馴染み深くて、懐かしい赤いタワーが立っています。50年以上に渡って、私たちを見守っています。そしてある日、タワーは口を開いて…。「もう ずっといっしょで あきタワー」。
え?タワーが飽きたって何?…と、あっけにとられている間に、「ジャンプしタワー」「わになっタワー」「くちもきかなくなっタワー」と、赤いタワー、やりたい放題。自由すぎる展開に度肝を抜かれる新作絵本『こんなことがあっタワー』。
にんじゃサンタ』(PHP研究所)、『ふじさんです』(教育画劇)、『おこさまランチランド』(PHP研究所)など、ユニークな視点と独特のナンセンス世界を持つ絵本作家、丸山誠司さんのインタビューです。

こんなことがあっタワー
こんなことがあっタワーの試し読みができます!
作:丸山 誠司
出版社:えほんの杜

あかいタワーがあっタワー あるひ タワーがいっタワー 「ずっと いっしょで あきタワー」 それからどうなる?あかいタワー!? 「わらっタワー」「うたっタワー」「たのしかっタワー」 タワーでつながる、脱力系ナンセンス絵本。 みんな仲良しで よかっタワー

「タワー」の絵本ができタワー

───今をときめく話題の「東京スカイツリー」ではなく、あえてこちらの赤いタワー(笑)をテーマに描かれたところに、昭和生まれのママとしては、とっても嬉しく感じました。

僕も昭和生まれですからね。やっぱりこちらのタワーの方が、思い入れが強くありましタワー(笑)。

───(笑)。でも、こういう建物をメインにした絵本の場合、タワーについての建設過程や歴史的な話がメインになることもあると思うんですが、この絵本の中身はひたすら「タワー」という言葉を使ったダジャレで…(笑)。「タワー」が語尾につく言葉がこんなにあって、しかもいい意味ですごく突拍子もないストーリーになっていて、本当に面白かったです。こういう言葉はどうやって思いつくんですか?

最初は「タワー」を語尾につけることができる言葉を書き出してみるんです。「おこっタワー」「わらっタワー」「はねタワー」とか…。そのあと、僕の場合は紙に32ページ分の展開を考えていきます。


───これ(写真)が構想を書いた紙ですね。

はい。ページの展開が決まったら、実際の大きさに近い形でラフ(下書き)を描いていくんです。編集さんにはこのあたりでお見せして、感想や出版ができるかなど打ち合わせを行います。

───『こんなことがあっタワー』は最初、縦開きじゃなかったんですね。

そうなんです。縦開きにする案は編集さんから提案されました。「縦開きにした方がタワーの高さがでます!」って。

───確かに、縦の方が、開いたときのインパクトが違いますね。でも下書きの段階から、すでにタワーが「もう ずっといっしょで あきタワー」という展開なんですね。

今回の絵本はラフから完成まで、展開に大きな変更はなかったんじゃないかと思います。一番悩んだのはラストの部分ですね。「あきタワー」で一回目の大ビックリがきているので、さらに大大ビックリにはどうしたらいいだろう…とかなり悩みました。

───ラフでは夕日に向かって歌うラストになっていますね。

そこはちょっと赤いタワーのノスタルジックで青春な場面にしたかったんです。でも、赤いタワーにノスタルジーを感じるのは我々大人なので…。より子ども達がびっくりするような展開に変えました。

───丸山さんは前作が富士山、その前がお子様ランチと、人間じゃないキャラクターを主人公にした絵本を多く描いていますよね。今回のタワーを主人公にした絵本を描こうと思ったきっかけはなんだったんですか?

『こんなことがあっタワー』の一番最初の話をすると、元々、日本列島の絵本を考えていたんです。北海道はいつも北にあって、九州はいつも南にあるじゃないですか。この状況に「飽きた」と…。

───なんか、そう思う発想がすでにぶっ飛んでますよね(笑)。

たまには北海道も暖かいところに行きたいし、九州もスキーをしたい。…そういう話を家族としていたときに、東日本大震災が起こって、この話を絵本にするのは無理だなと思ったんです。北海道や沖縄が移動するときはどうしても地面が割れたり、本州が海の中にザブーンと入ったりしなければならないですから、地震を連想されるんじゃないかなと…。でも、「入れ替わる」というテーマは面白いから、そこを残して、ほかに入れ替わって面白いものはなんだろう…と考えていたら、ふと「東京タワーの上と下が入れ替わったら面白い!」って思ったんです。

───入れ替わりの発想から、タワーを思いつかれたんですね。ダジャレにしようと思ったのはいつぐらいですか?

それはタワーの絵本に決めてから、ごく自然に「あれ、タワーって言葉を語尾につけられるんじゃないか?」って思って、紙に書き出してみました。

───それが先ほど見せていただいた、メモ書きになっタワーですね(笑)。まさか日本列島が最初とは思わなかったです。「あきタワー」で1度意表をついて、そのあとどうなるんだろうと思ったら、ジャンプしたり、輪になってみたり、しまいにケンカもして、大忙しですよね。

どれだけ意表をつけるか、「嘘だろー!」と思われることを全部やってみようと思いました。もちろん言葉のリズムを崩さないように注意しながら…。おかげでラストをどうするかがとっても大変でしタワー(笑)。

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


第12回 『あったかいな』の片山健さん
今年の主役はやっぱり「ピーターラビット」

丸山 誠司(まるやまさとし)

  • 1968年岐阜県生まれ。愛知県育ち。
    大阪府立大学経済学部、MASA MODE ACADEMY OF ART卒業。
    主な受賞歴:日仏会館ポスター原画入賞、HBファイルコンペ藤枝リュウジ大賞、東京イラストレーターズソサエティ公募プロ部門銅賞など。TIS会員。
    主な絵本作品:『にんじゃサンタ』『おこさまランチランド』(ともにPHP研究所)『ふじさんです』(教育画劇)。

作品紹介

こんなことがあっタワー
こんなことがあっタワーの試し読みができます!
作:丸山 誠司
出版社:えほんの杜
にんじゃサンタ
にんじゃサンタの試し読みができます!
作:丸山 誠司
出版社:PHP研究所
おこさまランチランド
おこさまランチランドの試し読みができます!
作:丸山 誠司
出版社:PHP研究所
ふじさんです
ふじさんですの試し読みができます!
作:丸山 誠司
出版社:教育画劇
全ページためしよみ
年齢別絵本セット