だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  『ぼくのふとんは うみでできている』ミロコマチコさんインタビュー

『ぼくのふとんは うみでできている』ミロコマチコさんインタビュー

ぼくの布団はゆっくりと波のたゆたう海になっている。夜を迎えるごとに、ネコになり、パンになるぼくの布団…。そんな幻想的でゆったりと時間の流れる絵本『ぼくのふとんは うみでできている』。作者はデビュー作『オオカミがとぶひ』(イーストプレス)で第18回日本絵本賞大賞を受賞し、人気ドキュメント番組「情熱大陸」にも紹介された絵本作家・ミロコマチコさん。今、最も注目を集める絵本作家さん待望の新作です。ミロコさんがどのような発想で絵本を制作しているのか、絵本ナビスタッフ一同、興味津々。ミロコさんのアトリエにお伺いして、新刊が生まれるきっかけのお話を沢山聞きました。

ぼくのふとんは うみでできている
ぼくのふとんは うみでできているの試し読みができます!
作:ミロコ マチコ
出版社:あかね書房

うみのふとんでおよぎ、ねこのふとんをこねこね、パンのふとんはむしゃむしゃ…。夜の夢と朝の目覚めの行ったり来たりが楽しい絵本。

「タイトルが浮かんで、おはなしが動き出しました」

───新作『ぼくのふとんは うみでできている』。タイトルから想像される不思議な雰囲気をさらに裏付けるように進んでいくストーリーに、大きなものに抱かれるような安らぎを感じました。今回のおはなしはどのように生まれたのでしょうか?

最初は寝るときのおはなしを描きたいと思って、ぐるぐるアイディアを考えていたんです。そうしたら、ポンッと「ぼくの ふとんは うみで できている」というフレーズが浮かんできて、この言葉を膨らませておはなしを作っていったら面白いんじゃないかと思って考えていきました。

───おはなしを考えるときに、タイトルが先に出てきたのは珍しいことですか?

初めてですね。タイトルは最後に考えることが多いので。このタイトルに決まる前に「ぼくのふとんは うみのふとん」というような、同じ意味のフレーズも考えてみたんですけど、「うみでできている」という言葉が気に入って。こっちの方が何かはじまりそうなワクワク感を感じてこのタイトルに決めました。

───青く深い夜がまさに海そのもののように感じられて、熱帯夜でもぐっすり眠れるような読後感で、きっとミロコさんも夜が好きなんだろうな…と思ったのですが、エッセイで「暗闇が怖い」と書かれていてビックリしました。

そうなんですよ。実はとっても怖がりで、夜の闇は今でも苦手なもののひとつなんです。

───それなのに、あんなに想像力をかき立てられる発想が生まれることに、ただただ驚きを感じます。暗闇はいつから苦手なんでしょうか?

小学校高学年くらいのときって、学校の怪談やコックリさんなんかがはやるじゃないですか。友達と一緒にいるときは怖い話もへっちゃらなんですが、夜、一人で布団に入るともう怖くて眠れなくなっちゃうんですよね。親からは「大人になれば怖くなくなるよ」と言われたこともありましたが、全然なおらなくて…。背中とかが無防備だと特に不安。出かけるときはなるべくリュックで背後を防御したいし、仕事机も壁を背にした位置に置きたい。そうやって怖い怖いと思って眠るから、必ず悪夢を見るんですよ。

───絵本の中のワニの夢と同じですね。目が覚めるとやはりネコがいるんですか?

そうです。絵本のように沢山ではないですが、ネコにしたり顔で見下ろされていて、「おまえか!悪夢の元凶は!」って思うことが何度もありました(笑)。
私の絵本は自分の体験談やそこから想像したことを作品にしていることが多いので、この主人公の男の子も私がモチーフになっています。

───でも、絵本では夜の怖さだけではなく、パンの布団から香る焼きたてのおいしい香りや、ゾウに布団をうばわれて真っ青になって震えるぼくなど、プッと笑える夜も描かれてますよね。

男の子の顔の青さは、編集者さんから「ちょっと青すぎない?」とも言われたんですけどね(笑)。ラフを描いたときはあまり青くなかったんですよ。

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


風変りで美しい表現方法がたくさん!
可愛いピンバッチを2種類、追加しました!

ミロコ マチコ

  • 1981年、大阪府生まれ。画家・絵本作家。2004年から画家として活動を開始。個展やグループ展など、作品展示を全国各地で精力的に行い、伸びやかな作風で、動物や植物を生き生きと描き、注目を集める。おもに子どもを対象としたワークショップにも力を注いでいる。2012年、『オオカミがとぶひ』(イースト・プレス)で、絵本デビュー。同作で2013年、第18回日本絵本賞大賞を受賞した。画文集に『ホロホロチョウのよる』(港の人)、装画と挿絵の仕事に『サバンナの動物親子に学ぶ』(羽仁進 著/講談社)、『きみの町で』(重松清 著/朝日出版社)などがある。美術同人誌『四月と十月』の同人。

作品紹介

ぼくのふとんは うみでできている
ぼくのふとんは うみでできているの試し読みができます!
作:ミロコ マチコ
出版社:あかね書房
全ページためしよみ
年齢別絵本セット