しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  なかざわくみこさん『なぞなぞのみせ』

《スペシャルコンテンツ》インタビュー

2012.05.17

なかざわくみこさん
『なぞなぞのみせ』

一覧を見る

なかざわくみこさん『なぞなぞのみせ』

子どもって、なぞなぞ大好きですよね。
でも、「うちの子はまだ小さいから分からないし…」、「同じ問題が繰り返しだと、子どもが飽きちゃうし…」という悩みを抱える親御さんも多いのではないでしょうか?
そんなご家庭にオススメなのが『なぞなぞのみせ』!(石津ちひろ/なぞなぞ、なかざわくみこ/絵、偕成社)
描かれている絵の中から答えが探せるので、小さいお子さんも楽しむことができ、なぞなぞ以外にもページに出てくるキャラクターや細かい描写を見つけて遊ぶことができます。絵本ナビでも発売以来、ずっと人気を集めている作品です。今回は『なぞなぞのみせ』人気の秘密に迫るべく、絵を描かれたなかざわくみこさんの住む、千葉県八街市へ取材に伺いました!

なぞなぞのみせ

なぞなぞのみせ
作:石津 ちひろ
絵:なかざわ くみこ
出版社:偕成社

お店をめぐってお買い物をするようになぞなぞが楽しめます。
すみからすみまで、見れば見るほど楽しさいっぱいみつかります。

今回の取材のきっかけは、『なぞなぞのみせ』を出版している偕成社さんからの「なぞなぞのみせの舞台に遊びに来ませんか?」という1通のメール。
「なぞなぞのみせの舞台」ってどういうこと? どこかのテーマパーク?
…と東京から1時間半。指定された千葉県八街市、駅前の商店街に降り立ってみると…。

おお! そこには『なぞなぞのみせ』の表紙を飾ったオモチャ屋さん!

でもお店の中は文房具屋さんです。この文房具屋さんも絵本に出てきていますね。

手芸屋さんの店内も絵本とそっくり!

絵本ではヤシの木が茂っていた洋服屋さんは、春の装いになっていました。でも絵本の雰囲気そのまま!
そして、どのお店にも『なぞなぞのみせ』が!

本屋さんはもちろん、文房具屋さんのショーウィンドウの真ん中にもありました。
偕成社さんの言った通り、そこはまさに絵本の舞台!
商店街をあげての『なぞなぞのみせ』大プッシュにこちらもテンションがあがりつつ、この商店街を絵本に描いたなかざわさんへのインタビュースタートです。

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

なかざわ くみこ

  • 1983年東京に生まれ、千葉で育つ。
    文化女子大学造形学部卒業。
    白泉社月刊MOEイラスト・絵本大賞第8回年間グランプリ受賞。
    ギャラリーツープラスなどでの個展、グループ展多数。
    『なぞなぞのみせ』(偕成社)が絵本第一作。

作品紹介

なぞなぞのみせ
作:石津 ちひろ
絵:なかざわ くみこ
出版社:偕成社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット