貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

木曾秀夫(きそひでお)

木曾秀夫(きそひでお)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

1件見つかりました

木曾秀夫(きそひでお)さんの作品のみんなの声

  • 夜中のトイレ

    みみたは、夜中におしっこが出たくなりました。でも、トイレまでの暗闇は・・・。誰でも1度は経験したことがある、夜中のトイレのこわさ!!子どもの頃、こんな物でも、そんなふうに見えたんだなあと、あの頃の「び・・・続きを読む

  • 扉のむこうに何が見える??

    うさぎのみみたは、夜中にトイレに行きたくて起きました。部屋を出ようとして、びっくりしゃっくり。ドアの向こうに何かがいる。廊下を出ても、びっくりしゃっくり。窓のむこうに何かがいる。仕掛け絵本になっていて・・・続きを読む


しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット