くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
てのなかなーんだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てのなかなーんだ

作品情報

発行日: 1990年

こどものとも年少版 1990年

ベストレビュー

ユーモアが素敵で可愛らしい♪

「手の中、なーんだ?」
と、家族で問題を出し合うようなお話です。
よーく見ると、指のすき間から指の中のものが見えているのですが…
ミカンだと思ったら、実はミカンに顔が書いてあって
「子どもが一人」という答えだったり、
手袋だと思ったら、両手の手袋で作った「ウサギ」だったり、
可愛らしいユーモアと 昔ながらの懐かしい遊びが融合した、
ほんわかと温もりの感じられる、とっても素敵な作品です。
ミカン・手袋・毛糸など、冬にまつわるアイテムが登場するので
冬に読みたい作品ですね。

1990年の「こどものとも」年少版の4月号です。
一番後ろのページには、このお話に出てくる手袋ウサギやはんかちネズミ、
指で作るカエルなどが図解されているので、お話を読んだあとに
子ども達と実際に作って遊んでみたくなります。
こういう親切な絵本、大好きです♪
(YUKKOさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子5歳、女の子3歳)

出版社おすすめ


きうち かつさんのその他の作品

ジャムさんちのたからばこ / くだもの なんだ / つくってあそぼう! おまつりやたい / おやつ / やさいのせなか / ふしぎないえづくり



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

てのなかなーんだ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット