しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
二つ、三ついいわすれたこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

二つ、三ついいわすれたこと

  • 児童書
作: ジョイス・キャロル・オーツ
訳: 神戸 万知
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

「二つ、三ついいわすれたこと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年01月28日
ISBN: 9784001164084

中学生以上
四六判・並製・360頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

カリスマ的な魅力をもつ友人,ティンクが謎の死をとげた.ティンクと仲良くしていたメリッサやナディアは,なかなか立ち直れない.彼女たちも,家族や友人関係の中でそれぞれの生きづらさに苦しんでいるが,いまだ感じられるティンクの存在に救われる.10代のもつ危うさと,静かな希望を描く物語.

ベストレビュー

思春期の女の子

岩波書店から、ティーンの喜びや悩みをつづった作品のシリーズが出ていて、その中の一冊です。
表紙の絵が、若い読者向けになっていますが、大人が見ても惹かれるシックな絵です。
岩波書店のセンスの良さが感じられます。

内容はかなりショッキングです。しかしフィクションとは言えないほどリアルで、だからこそ危機感を感じました。

思春期の女子が持つ悩み、友だちとの関係が大きな割合を占めています。
彼女たちには生死にかかわるほど深刻です。
親との関係がかなり影響しています。
いままでとは違った目で親を見るようになります。両親だって男と女なんだと気が付きます。しかし親は子どもの気づきに気が付いていません。

体型も大きな悩みです。自分の価値を他人が外見で決めると思っています。自尊心を持てず傷ついています。

学校と言う狭い世界が彼女たちのすべてです。
その中でどう自分らしさや自信をもてるようになるのか。
この物語では、先生でも親でもなく友だちの存在が導いてくれます。
その友だちは、すでにこの世にはいないのです。

この本は思春期の子どもをもつ方や先生に読んでもらいたいです。
読んだ後に、わが子や生徒に薦めてもらいたいです。

このシリーズのほかの本も読んでみたいです。
(おるがんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


神戸 万知さんのその他の作品

講談社青い鳥文庫 世界一のパンダファミリー / 見て! わたしの魔法 / メキシコへ わたしをさがして / スイッチ!(5) ガガンボにスイッチ! / スイッチ!(6) ゲンゴロウにスイッチ! / スイッチ!(4) アリにスイッチ!



くんぺい童話館 東英子さんインタビュー

二つ、三ついいわすれたこと

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット