話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
発達と障害を考える本(3) ふしぎだね!? LD(学習障害)のおともだち

発達と障害を考える本(3) ふしぎだね!? LD(学習障害)のおともだち

監修: 内山 登紀夫
編: 神奈川LD協会
監修: 内山 登紀夫
編: 神奈川LD協会
出版社: ミネルヴァ書房

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年05月01日
ISBN: 9784623045884

AB・56ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

障害だとわかりにくい。

文字を読むのが苦手、会話が苦手で一生懸命話すけど意味が通じない、算数が全然できない…学習障害の子どもたちを周囲の人がどうやってサポートしたらよいか、どうしてそういう行動をするのか、練習すればできるようになるのか…などを、具体的な話で分かりやすく紹介。学習障害について仕組みや特徴、大人になった場合なども紹介。

以前読んだ本で難読症の登場人物がいた。人の話を聞くと理解できるし、自分で話すこともできるが、文字を書いたり読んだりするのが全然できないというタイプの学習障害だ。それから学習障害に興味を持ってこの絵本を読んだ。
自分が学生の時、特に小学校あたりでこういうタイプの子があったと思う。でも、いろんな教科をやってできるのとできないのがあるのは当たり前だと思っていて、あまり深刻には考えなかった。あれは、場合によってはLDと診断されるものだったのか、と30年もたってから理解できた。自分の知らない分野について読書をする、児童書を読むメリットはこういう所にある。

大人になってからであった人で、自分から「私は難読症で本が読めない」と言っていた人があったが、個性的な仕事をしていて、普通に会話ができたから、障害だと思わなかった。個性を伸ばす方に生きていけたら、目立たない・わかりにくい障害なのかもしれない。

何か特定のことが妙にできなくても、人を馬鹿にしてはいけないんだとよくわかった。できない理由が何かあるのだ。
(渡”邉恵’里’さん 30代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,870円
1,540円
1,650円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,100円
3,300円
2,640円
880円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

発達と障害を考える本(3) ふしぎだね!? LD(学習障害)のおともだち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら