新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば

かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば(小学館集英社プロダクション)

これ、言える? 言えたらヒーロー! みんなで遊べる! 一瞬で噛んじゃうヘンテコ早口ことば!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ペローの青ひげ

ペローの青ひげ

作: シャルル・ペロー
絵: エリック・バトゥー
訳: 池田香代子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,760

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784061892156

ページ数:35

出版社からの紹介

この鍵の部屋を見てはならぬと、青ひげが?
300年前に世に出され、いまだに最初の児童文学とうたわれる、シャルル・ペローの「童話集」より、気鋭の画家バトゥーによってよみがえった名作「青ひげ」!

ベストレビュー

タブーを破るべきか否か(>_<)恐ろしい

この鍵の部屋を見てはならぬと、青ひげが?
300年前に世に出され、いまだに最初の児童文学とうたわれる、シャルル・ペローの「童話集」より、気鋭の画家バトゥーによってよみがえった名作「青ひげ」!
この本を読む前に、『ペローの赤ずきん』を読ませて頂いたばかりでございましたので、このお話の残酷さを知っていたワタクシは、心して読ませて頂きました(>_<)
この作品には、“タブーの法則”について語られております。
 お話に登場する青髭の妻は、タブーを破り、絶体絶命の危機に陥りながらも、幸運にも積極的なキャラクターのおかげで、助かる事が出来、後も幸せに過ごす事が出来た訳ですが。
好奇心と言うのは、時に身を滅ぼしてしまう事さえあり、危険が伴うという事を、肝に銘じ、教訓として行くべき作品だと感じました。相変わらず、怖いお話でございました(>_<)
タブーを破るべきか否か(>_<)恐ろしい〜!!!
(梨華さん 30代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

770円
1,980円
1,540円
935円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,860円
32,450円
858円
275円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ペローの青ひげ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら