庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
ペローの青ひげ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ペローの青ひげ

作: シャルル・ペロー
絵: エリック・バトゥー
訳: 池田香代子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「ペローの青ひげ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784061892156

ページ数:35

出版社からの紹介

この鍵の部屋を見てはならぬと、青ひげが?
300年前に世に出され、いまだに最初の児童文学とうたわれる、シャルル・ペローの「童話集」より、気鋭の画家バトゥーによってよみがえった名作「青ひげ」!

ベストレビュー

タブーを破るべきか否か(>_<)恐ろしい

この鍵の部屋を見てはならぬと、青ひげが?
300年前に世に出され、いまだに最初の児童文学とうたわれる、シャルル・ペローの「童話集」より、気鋭の画家バトゥーによってよみがえった名作「青ひげ」!
この本を読む前に、『ペローの赤ずきん』を読ませて頂いたばかりでございましたので、このお話の残酷さを知っていたワタクシは、心して読ませて頂きました(>_<)
この作品には、“タブーの法則”について語られております。
 お話に登場する青髭の妻は、タブーを破り、絶体絶命の危機に陥りながらも、幸運にも積極的なキャラクターのおかげで、助かる事が出来、後も幸せに過ごす事が出来た訳ですが。
好奇心と言うのは、時に身を滅ぼしてしまう事さえあり、危険が伴うという事を、肝に銘じ、教訓として行くべき作品だと感じました。相変わらず、怖いお話でございました(>_<)
タブーを破るべきか否か(>_<)恐ろしい〜!!!
(梨華さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

シャルル・ペローさんのその他の作品

ながぐつをはいたねこ / 長ぐつをはいたネコ / ペロー昔話・寓話集 / ペローの赤ずきん / 長ぐつをはいたネコ / 長靴をはいた猫

エリック・バトゥーさんのその他の作品

かあさんあひるのたび / やっと みつけた のら犬ヨハンのおはなし / 太陽のしずく / ちいさな ぽむさん / スガンさんのヤギ / すいようびくんの げんきだま

さんのその他の作品

ノアの箱舟 / ブレーメンの音楽隊 / くるみ割り人形 / すべての子どもたちのために 子どもの権利条約 / 白鳥の湖 / 世界がもし100人の村だったら



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

ペローの青ひげ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット