ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
サンベリーナ おやゆび姫
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サンベリーナ おやゆび姫

  • 絵本
訳: 光野 多惠子
原作: ハンス・クリスチャン・アンデルセン ハンス・クリスチャン・アンデルセン
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,360 +税

「サンベリーナ おやゆび姫」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アンデルセンの名作「おやゆび姫」をベースにしたアニメーション映画のノベライゼーションです。―絵本でみた、妖精の王子さまにあこがれ、美しい声で歌うサンベリーナ。やがて冒険のときがやってきました!

ベストレビュー

優しい心と希望を持ち続けたサンベリーナ

こちらは、ハンス・クリスチャン アンデルセンさん(原作)ドン・ブルースさん(作)J・コーマンさん(文)光野多惠子さん(訳)の『サンベリーナ〜おやゆび姫〜』(1995.6/金の星社)でございます(o^_^o)

サンベリーナはおやゆびほどの小さな女の子。絵本で見た妖精の王子さまに憧れ、美しい声で歌います。それを聞いて本物の妖精の王子が現れます。すぐに二人は恋に落ち、花の首飾りと指輪を交換して永遠の愛を誓いますが…。

ワーナー・ブラザーズの映画“サンベリーナ”は、アンデルセンさんの名作『おやゆび姫』をベースに、ディズニー・アニメを活性化した天才、ドン・ブルースさんが、制作・監督・脚本を手がけた素晴らしい作品です(o^_^o)
ワタクシがよく存じ上げているアンデルセンさんのおやゆび姫とは良い意味で違い、幾多の困難から逃れ、優しい心と希望を持ち続けたサンベリーナ♪無事に王子様と再会する事が出来るのでしょうか?!
夢のある素敵な作品でございました(o^_^o)女の子にお薦めです♪
(梨華さん 30代・その他の方 )

出版社おすすめ


ハンス・クリスチャン・アンデルセンさんのその他の作品

雪の女王 / 雪の女王 / 雪の女王 / アンデルセン童話全集 (3) / モミの木 / アンデルセンのきらめくポップアップ絵本 雪の女王

光野 多惠子さんのその他の作品

ベルおばさんが消えた朝 / クリスマスの幽霊



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

サンベリーナ おやゆび姫

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット