だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
世界の鳥の巣の本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

世界の鳥の巣の本

作・絵: 鈴木 まもる
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784265029228

小学校中学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

鳥は卵を産み、ヒナを育てるために巣をつくります。鳥によって巣材も形も大きさも、みな違います。世界のさまざまな環境にすむ鳥たちの暮らしを巣との関係を絵と文で紹介する絵本図鑑。

ベストレビュー

鳥の巣って面白い!

偶然鳥の巣展に出くわしたから、変わった鳥の巣の実物を沢山目にする機会を得ました。
そのおかげか、鳥に対する興味が物凄く膨らみました。
形も素材も千差万別、大小様々、ホントすごいです。
卵も一緒に展示されてて、これがまた色とりどりで大きさや形も思ったより変化に富んでて面白い。
そして可愛いんですよね。

展示会には鈴木まもる先生ご自身も居られ、風貌もいかにもフィールドワーク中心の学者さん然として魅力的。
展示物に見惚れる我々にも気さくに声をかけて下さる温かな人柄に引かれ、販売されてた鳥の巣展の絵本を購入しサインを貰って帰ったのでした。

で、帰ってから落ち着いて中を見てみると、展示されてた実物や生の絵を見た時とは又違った感動があるんですよね。
色々鳥の習性についても詳しく解説されてるので、家で何度も見たりじっくり読んだりする事で色んな発見もあるし、いつまでも楽しめる。
新婚当初に買った本を、子供達に見せてやりながら「あぁ買って良かった」と、又改めてしみじみ思う今日この頃です。
(はるはるはにーさん 30代・ママ 男の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鈴木 まもるさんのその他の作品

すすめ!うみのきゅうじょたい / ウミガメものがたり / だっこ / おはよう!しゅうしゅうしゃ / すすめ!ゆきのきゅうじょたい / たんじょうび おめでとう



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

世界の鳥の巣の本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット