もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自分で好きな香りがつくれちゃう「香りのワークブック」。お手紙に、そっと香りを添えてみませんか?
かやねずみのちゅるり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かやねずみのちゅるり

作・絵: 白石久美子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥333 +税

「かやねずみのちゅるり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年

5才〜6才向き
こどものとも 1993年11月号

出版社からの紹介

ヒバリのぱぴが草原に舞いおりると、小さなカヤネズミのちゅるりが、赤ちゃんを産むために、カヤの葉っぱで巣をつくっていました。やがてその中で生まれた5ひきの赤ちゃんは元気に育っていきました。ところがある時、大嵐がやってきて巣は壊れ、まわりの草もすっかりなぎたおされてしまいました。ちゅるりは引っ越しをするのに良い場所をぱぴに聞いて、新しい家をつくりにいきますが……。(こどものとも452号)

ベストレビュー

かやの葉っぱのおうち

 かやの葉っぱで巣作りをするかやねずみのお話。
表紙には、小さなかやの巣から顔をのぞかせている五匹の可愛いかやねずみの赤ちゃん。
 
 ちゅるりは、もうすぐ生まれる赤ちゃんのために、特別丈夫な巣をつくりました。
かやの葉っぱを裂いて細く細くして、それを絡ませて、丸い形を作ります。
すすきの穂を敷いて、ふかふかにして・・・・。

やがて、五匹のちっちゃな赤ちゃんが誕生しました。
お友達のひばりのぴぱもやってきて、喜んでくれます。

ところが、ある日、大きな嵐がやってきて、草も花も、ちゅるりの巣も、なぎ倒されてしまいます。
そこで、引越しをする事になりますが・・・・・・・。

ちいさなかやねずみ達が可愛く描かれています。
嵐におそわれたり、いたちに狙われる場面は迫力があります。
ちいさくて弱い動物が精一杯生きている姿が心に残ります。
(MAYUMIさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳)

出版社おすすめ


白石久美子さんのその他の作品

ぽととんもりの ゆうびんきょく



風変りで美しい表現方法がたくさん!

かやねずみのちゅるり

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット