貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
クリスマスプレゼント何にしようかな…そんな方へ『絵本とおもちゃ』のセットをご紹介♪
かぐやひめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かぐやひめ

作: 田辺聖子
絵: 長谷川 青澄
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥621 +税

「かぐやひめ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

絵本で読むならこれが一番かな

田辺聖子さんの文章が光る絵本です。
帝との交流や、最後の不死の薬・富士山の煙のくだりまできちんと書いてあり、内容的には一番充実した絵本です。
ただきっしり詰まった内容にページ数が追いつかず、最後がバタバタしてしまった感があります。
せめてあと1ページあれば、もっとじっくり味わえたような気がします。
絵は、織田観潮さんほど格調高さはないものの、それでも十分にかぐやひめの世界を描きこんでいます。
「かぐやひめ」って改めて読んでみると、面白さがギッシリ詰まったお話ですね。
いくら結婚できないとはいえ、5人の求婚者に無理難題を言ったりして、昔話のお姫様にしては、かぐや姫は結構自己主張しているのです。
おじいさん、おばあさんと別れるのが寂しいと泣いていたのに、天の衣を着ると、地上のことをあっけなく忘れてしまったり。
かぐや姫は切り替えが早いのに、地上に残された人たちはいつまでも忘れられずにしんみりしているところが、どことなく可笑しいですね。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳)

出版社おすすめ


田辺聖子さんのその他の作品

ポプラポケット文庫 小倉百人一首 百人百首の恋とうた / 21世紀版少年少女古典文学館(8) とりかえばや物語 / 21世紀によむ日本の古典(10) 小倉百人一首



『こねて のばして』ヨシタケシンスケさんインタビュー

かぐやひめ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット