もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
フンコロガシのフレッド、クワガタのパーティーへ行く
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フンコロガシのフレッド、クワガタのパーティーへ行く

  • 絵本
作: アンネ・マール
絵: ヴェレーナ・バルハウス
訳: 石川 素子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「フンコロガシのフレッド、クワガタのパーティーへ行く」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年9月30日
ISBN: 9784198612467

5歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

嫌われ者のフンコロガシのフレッドは、おじさんからもらったたくさんのベストで、いろんな虫に変身できるようになりました。一躍人気者になったフレッドは「上品な」クワガタからパーティーに誘われ、精一杯着飾ってでかけますが、そこで目にしたのは…?

ベストレビュー

設定がユニークです。

絵本なのですぐに読めると思いきや意外と長かったです。

虫の絵の感じが、どことなくたむらしげるさんに似ているなあと思いました。

虫の世界では擬態ということがありますが、このお話フンコロガシがいろいろな衣装で他の虫に変身してしまうというところが、ユニークだと思いました。

クワガタが虫の世界では憧れの虫という設定がおもしろかったです。

人間でいうとセレブと庶民みたいな感じにたとえられるでしょうか。

見た目で判断したり、本質を見極めないでいるのは、本物とは言えないなあと思いました。

フレッドのとった態度もなるほどと思えました。

虫がたくさん出てくるので、虫好きなお子さんにも喜んでいただけそうと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

アンネ・マールさんのその他の作品

ぼくたちおやこは だいくさん

石川 素子さんのその他の作品

くまくん、はるまで おやすみなさい / クララ先生、さようなら / たのしいこびと村 / おひさまホテル / ティナのおるすばん / ぼくがおうちでまっていたのに



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

フンコロガシのフレッド、クワガタのパーティーへ行く

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット