貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ドキドキいっぱい!虫のくらし写真館 アメンボ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ドキドキいっぱい!虫のくらし写真館 アメンボ

  • 絵本
作: 大木 邦彦
写真: 海野 和男
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,450 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784591079904

小学校低学年〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

水の上をすいすいと歩く、不思議なムシ・アメンボの生態を紹介しました。どうして水に浮くのかもわかりやすく解説しています。

ベストレビュー

自由研究にオススメです。

「アメンボは、ぼうのようなからだつきで、あめのようなにおいがするために、「あめんぼ」(あめのぼうといういみ)」と言われているそうです。知っていましたか?私は初めて知りました。
息子が図書館で借りてきたのですが、アメンボについて興味を持ったこともなかった私は、知らないことばかりで、勉強になりました。

生態はもちろん、アメンボの捕まえ方、飼い方など非常に丁寧に説明されているのに、感動しました。

夏休みは終わってしまいましたが、来年また読んで夏休みの自由研究に役立てたい本だと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本

大木 邦彦さんのその他の作品

ドキドキいっぱい!虫のくらし写真館 カタツムリ / ドキドキいっぱい!虫のくらし写真館第2期(全8巻) / ドキドキいっぱい!虫のくらし写真館(10) アゲハチョウ / ドキドキいっぱい!虫のくらし写真館(9) クワガタムシ / ドキドキいっぱい!虫のくらし写真館(23) ゴキブリ / ドキドキいっぱい!虫のくらし写真館(22) クモ

海野 和男さんのその他の作品

いきもの かくれんぼ / かくれて ぱくり / いきもの ちえくらべ / じぶんで つくる シールずかん カブトムシ・クワガタムシ / はっけんずかん むし 新版 / 世界のカマキリ観察図鑑



フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

ドキドキいっぱい!虫のくらし写真館 アメンボ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット