ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ハロウィーンがやってきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハロウィーンがやってきた

  • 絵本
作: レイ・ブラッドベリ
絵: 荒井 良二
訳: 伊藤典夫
出版社: 晶文社

本体価格: ¥1,800 +税

「ハロウィーンがやってきた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ハロウィーン! 怪物や魔女が空をとびかう待ちに待った不思議な祭りの夜。伝説の怪人に導かれ、思い思いに仮装した8人の子どもたちが時をさかのぼる。どこへ? 冒険か夢か――詩情あふれるファンタジー。

ベストレビュー

ハロウィーンってなに?

ハロウィーンってなんのお祭り?

子供たちが近所のおうちをまわってお菓子をいただく。。。
そんなイメージしかなく、日本でも雑貨など可愛いものが売られたり、かぼちゃを使ったお菓子を作ったりして大人は楽しむ。
その程度の知識しかないのですが、この本を読んでとっても勉強になりました!
これで子どもたちに「ハロウィーンってなに?」と聞かれても大丈夫!?のはず。^^;

少年たちがハロウィーンの生まれた背景を時代をさかのぼって体験し、なぜハロウィーンにミイラ?ほうきに乗った魔女?といった理由が明らかになっていく。

自分も知らなかったハロウィーンの由来を、この少年たちと一緒に旅して知っていく、このスリルがとても面白い^^

もともとは、少年たちがハロウィーンの日に衣装を着飾って不気味な館に行ったことからはじまります。
そこで奇妙な出来事がおこり、友人一人が「現代」ではない世界に連れて行かれ、彼を助けるために少年たちも過去への旅に飛び立つのです。
その旅というのが「ハロウィーン」の歴史の旅。

11,12歳くらいの元気でやんちゃな少年たちが堂々と立ち向かう姿は読んでいて頼もしい。

これ映画やドラマになったら面白そうなのになぁ・・・


なぜハロウィーンが不気味なキャラ(お墓、どくろ、魔女、おばけ。。。)がつきものなのか知りたいかたは、ぜひ読んでみてくださいね。

8歳の子に読み聞かせというのにはちょっと難しかったです。
自分で読めるようになったらまた薦めてあげたいと思います。
(elmerさん 30代・ママ 8歳、4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

レイ・ブラッドベリさんのその他の作品

夜のスイッチ / 10月はたそがれの国

荒井 良二さんのその他の作品

きょうはそらにまるいつき / チロルくんのりんごの木 / そりゃあもう いいひだったよ / こどもる / ひゃくえんだま / はるってどんなもの?



『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

ハロウィーンがやってきた

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット