モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
フョードルおじさんといぬとねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フョードルおじさんといぬとねこ

  • 絵本
作: エドアルド・ウスペンスキー
絵: スズキ コージ
訳: 松谷 さやか
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,553 +税

「フョードルおじさんといぬとねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

面白いです

6歳の長男が一人で読めそうな本を探していて、まずは自分で読んでみました。

ペレストロイカ期のソ連で出版された児童書です。作者のウスペンスキーは、チェブラーシュカの作者なのだそうです。

フョードルおじさんというのは、実は6歳の男の子です。都会の団地に住んでいます。動物好きで、近所で出会った人間の言葉を喋る猫を飼いたかったのに、ママに反対されたため、家出をします。遠くの村に住み、犬や牝牛なども加わって楽しく暮らします。そして次々と事件が起こるのですが、ロシア人のユーモアがとても愉快です。

分厚い本ですが、22章にわかれていて、すべての漢字にふりがながふってあるので、読みやすいと思います。

うちの息子も、フョードルおじさん同様に、都会で動物禁止の団地に住んでいて、6歳なので、興味を持って読めそうです。絶版なのが残念です。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子6歳、男の子2歳)

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

スズキ コージさんのその他の作品

でんでんでんしゃ / らくごえほん 月きゅうでん / 3びきのくま / しりたがりやのこねこのポコ / 戦争と平和のものがたり(5) やわらかい手 / なく、おこる 五感のえほん1

松谷 さやかさんのその他の作品

イワーシェチカと白い鳥 / 海と灯台の本 / うっかりもののまほうつかい / なにに なろうかな? / ことりのゆうびんやさん / イグアノドンとちいさなともだち



第12回 『あったかいな』の片山健さん

フョードルおじさんといぬとねこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット