イースターハッピーふっかつの日! イースターハッピーふっかつの日!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
大人気行事絵本最新刊! これ一冊で“イースター”の全てが分かる!!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
そんごくう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そんごくう

作: 唐 亜明
絵: 于 大武
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「そんごくう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

この絵本『そんごくう』は、中国の古典文学作品「西遊記」から再話したものです。「西遊記」は、今から1400年ほど前の唐の時代に、玄奘(げんじょう)というお坊さんが仏教の経典を求めて、中国からインドまで苦難にみちた旅をした事実をもとに、長い歳月のなかで小説にまとめられたものです。今でも中国の子どもたちにもっとも愛され、親しまれている物語です。

ベストレビュー

ドキドキワクワク

えほん世界のおはなし17です。アニメやドラマで「西遊記」のお話はお馴染みです。でも、本当はどんなお話かというと実際はよくわかっていないのかも。息子が借りてきたのを機に読んでみました。

孫悟空たちが旅する行く手にはっこつせいという妖怪が出てきます。あとがきで「はっこつせい」についても説明があったのでよくわかりました。「白骨精」と書くのだそうです。

この妖怪はまずは娘に化けます。孫悟空にやられると死体だけを残して去ってしまうので、孫悟空は三蔵法師から責められてしまいます。

読者だけには、孫悟空が悪くないことはわかっているので、読んでいて孫悟空が悪者扱いされてしまうのは、歯がゆかったです。

息子は「西遊記」のドラマが好きだったので、夢中になって成行きに注目していました。冒険活劇という要素が満載なのが、子ども心にもドキドキワクワクさせるのでしょう。とてもおもしろそうに見ていました。

勧善懲悪なのもおもしろさの秘密だと思いました。他にも孫悟空のお話は出ているようなので読んでみたいと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。

唐 亜明さんのその他の作品

中国の民話 なみだでくずれた万里の長城 / 三国志絵本 空城の計 / 三国志絵本 七たび孟獲をとらえる / 西遊記 (二) / 西遊記 (三) / 西遊記

于 大武さんのその他の作品

北京―中軸線上につくられたまち / 新装版 封神演義 ナージャとりゅうおう / 三国志絵本 十万本の矢 / 西遊記



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

そんごくう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット