もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ここに いきる みんなの もの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ここに いきる みんなの もの

作: ジリアン・ローベル
絵: ダニエル・ハワース
訳: 松川 真弓
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784566008854

幼児〜

出版社からの紹介

よちよち、すあなをでていって、ひろびろとして、あかるいところで、子ネズミがみたものは…ミツバチ、はな、おひさま、あおぞら、チョウチョ……「ここは、なんていうとこなの、ママ?」

ベストレビュー

好奇心旺盛なわが子と同じ

子ねずみのぼうやが巣穴を出て、ミツバチ、はな、おひさま、チョウチョ、と素敵なものに出会い感動します。

子ねずみのぼうやは、私たちの子供と同じく好奇心旺盛です。
目にする新しいものに興味を持ち、何であるかを知りたがり、そして感動を覚えます。
ひとつひとつ答えてあげることの大切さを改めて感じました。

また、様々な素敵なものが存在する世界は「ここにいきるみんなのもの」と母さんねずみは言います。
そうなんですよね。自分たちだけのものでないみんなの世界。
本当に大切にしていかなくてはならないと思いました。

イラストがとにかくかわいいです。
1歳の娘も、お花を見ては「キレー(きれい)」と何度も言っています。
(こりえ♪さん 30代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松川 真弓さんのその他の作品

ぼくたち、いちばん! / 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− / ねえ、どれがいい? / <ボード・ブック> コロちゃんはどこ? / ミルドレッドの魔女学校 (1) 魔女学校の一年生  / ミルドレッドの魔女学校 (2) 魔女学校の転校生



『いちにちじごく』作者インタビュー

ここに いきる みんなの もの

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット