ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
金子みすゞ・海とかもめ・ふるさと仙崎のうた[絵本]
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

金子みすゞ・海とかもめ・ふるさと仙崎のうた[絵本]

  • 絵本
作: 矢崎 節夫
絵: 尾崎眞吾
出版社: JULA出版局

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

みすゞを育んだ山口県長門市仙崎の町。風光明媚な「仙崎八景」をはじめ、
みすゞが見つめた風景、そこにあったものを緻密な筆致による鉛筆画で表現。
思わず仙崎を訪れてみたくなる絵本です。

ベストレビュー

金子みすゞの故郷、仙崎の世界

“金子みすゞ”の絵本詩集です。
数年前のACのCMで一躍有名になった“金子みすゞ”さん。
このCMを目にした耳にしたという人も多いかと思います。
その時流れていたのは「こだまでしょうか」という詩で、彼女の代表作といわれているのが、「私と小鳥と鈴と」です。
ですが、この絵本の中にその詩は載っていません。
タイトルに「ふるさと仙崎のうた」と副題がついています。
(もちろん、彼女は若くして亡くなっているので、この作品を作り、編集されたのは矢崎節夫氏です)
金子みすゞさんが故郷を思って作った詩が16個載っています。

どれもこれも、その場所を知らないのに風景が見えてくるような素敵な詩でした。
特に気に入ったのは表題作の「海とかもめ」と、この本の一番最後に紹介されている「大漁」という詩です。
ちなみに本州の関東に住んでいるわたしが無知なだけで、この「大漁」という詩は、彼女の故郷「仙崎」の青海島シーサイドスクエアという場所に、みすゞさんの胸像とともに掲げられているそうです。

「海とかもめ」だけ紹介します。
 海は青いとおもってた。
 かもめは白いとおもってた。
 だのに、今見る、この海も、
 かもめの翅(はね)も、ねずみ色。
 みな知ってるとおもってた。
 だけどもそれはうそでした。    ……(詩はもう少し続きます)

わかる〜!と、思いませんか?私も子どもの頃、初めて海を見たとき思いましたもん。「青くない」って。
ものすごく素直な気持ちで、見たまま心に浮かんだままをきれいに描き出せる詩人だったんだなと、改めて思いました。

この詩集絵本の絵を担当された尾崎慎吾さんの金子みすゞの同郷の山口県出身のイラストレーターで、この作品で描いたイラストはすべて鉛筆書きだそうです。1枚1枚とても見ごたえがある素晴らしい絵です。
詩と一緒にこの絵本の仙崎の世界を堪能してください。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

矢崎 節夫さんのその他の作品

矢崎節夫童謡集 きらり きーん / はっくしょんしてよ かばくん / 矢崎節夫童謡集 うずまきぎんが / 日本語を味わう名詩入門(2) 金子みすゞ / みんなを好きに―金子みすゞ物語 / 紙芝居 まいごうさぎのポッキー

尾崎眞吾さんのその他の作品

ふわふわ 白鳥たちの消えた冬 / 紙芝居 なぞなぞまおうをやっつけて!



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

金子みすゞ・海とかもめ・ふるさと仙崎のうた[絵本]

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット