あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
とんぼとりの日々
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とんぼとりの日々

  • 絵本
作: 長谷川 集平
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年06月
ISBN: 9784835451015

A4/32頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ふたりの少年はトンボ取りが下手だった。でも、一度トンボを取って羽をむしって遊んでみたかった。そんなある日、クラスに九州からの転校生あった。転校生はトンボ取りなどかんたんだと言い、不思議な道具を作ってトンボをつかまえる。そして羽をむしって遊ぼうとするが、トンボがかわいくなり、三人は放してやることにした。だが、トンボは「ふらふら、と飛んで すとんと落ちて死んだ」。長谷川集平独特の、内在する暴力、死の影、そしてそれを吹き飛ばす少年の生命力と明るさを色濃く繁栄した作品。

とんぼとりの日々

とんぼとりの日々

ベストレビュー

こどもの世界

あ〜長谷川さんの絵本・・・
好きじゃない・・・
だけど、とっても気になる作家さんです

とんぼ捕り

しました
網でとるのは簡単なので
手でとる方が、おもしろかったです
家の周囲に
とにかく、いっぱい飛んでいたし
日当たりのいい所や
垣根?の竹の所とかにいっぱい止まっていたし
いとこや先輩方に
木綿糸をつけてもらって・・・
つゆくさを食べさせたり

でもしっぽが切れたりするのが
かわいそうで

そんなことを思い出しながら
こどもって、残酷なこととは
思ってないんだよね、きっと
とか

転校生との関わりが
おもしろいです
最初から
がっつりと大阪弁で
転校生も、ど〜んと薩摩言葉に
とんぼのとり方もすごい!!

なのに・・・

最後が、\(◎o◎)/!

やっぱり・・・

長谷川作品なので
きれいな(^^ゞ
大人の都合のいいお話でないことは
予想していましたが

う〜ん

今時の男の子達には
どう感じるんだろう?

お母さん達は?

世代によって
感じ方が違うかもしれませんね

トンボだけでなく
昆虫類も減っているからなぁ・・・
と、自然と遊びの関係も考えちゃいました
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川 集平さんのその他の作品

夏のおわり / むねがちくちく / 天使がいっぱい / ぼくが弟にしたこと / あなに / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(13) 古田足日子どもの本



ねえ、「コワイ」って、もってる?

とんぼとりの日々

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット