くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
えーんあーんないちゃだめー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

えーんあーんないちゃだめー

作・絵: かこ さとし
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥350 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「えーんあーんないちゃだめー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2002年4月
ISBN: 9784591072226

対象年齢・幼児向

出版社からの紹介

いろんな動物の赤ちゃんが「えーんあーん」と泣いています。そこへ、お母さんがやってきて - - - 。読み聞かせにも最適なお話絵本。

ベストレビュー

泣いてる子が笑顔に変わる魔法

 えーん えーん あーん あーんと泣いているのは、おたまじゃくしにちっちゃなねこちゃん、かんがるーのこ、ひとりであそんでいたぼうやです。
「いいこ いいこ ないちゃ だめー。ないたりなんか しないのよー。」ほーら、おかあさんが来て、うれしいねー にっこにこ。

 全身全霊で泣く子がぱっと泣きやみ、笑顔を見せる、まるで太陽の光が差し込むような瞬間です。おかあさんの温もりで安心すると魔法がかかるのね。
 
 「いいこ いいこ ないちゃ だめー。ないたりなんか しないのよー。」やさしいことばです。「だめー」といっても泣くのをたしなめているわけではなく、なぐさめているんですね。
このせりふの部分で、息子はいつもにこにこっとします。

 「350シリーズ」(ポプラ社の本体価格350円の厚紙絵本)で検索していて「あら、かこさとしさんの作品もこのシリーズにあるのね。」と記憶に残りました。
書店で実際に見つけて手に取ったところ、一緒にいた息子はすかさず「これ読む!」
 デパートの児童書売り場で、小さなテーブルと椅子があり、そこに座って何回も読みました。いつもは横にいて読むことが多いのですが、円テーブルだったのでよく表情が見えたんですね。「にこにこっ」とする様子がなんだかかわいくなって「じゃ、これ買おうか」
 なにしろ350円ですからね。買いですよ!
その後も繰り返し繰り返し読んでいます。価値ある350円です。
(ゆうたのーとさん -・絵本紹介サイト )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本

かこ さとしさんのその他の作品

過去六年間を顧みて / こまったこぐま こまったこりす / あさですよ よるですよ / あかですよ あおですよ / コウノトリのコウちゃん / 未来のだるまちゃんへ



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

えーんあーんないちゃだめー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット