もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
魔もののおくりもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

魔もののおくりもの

作: 舟崎 克彦
絵: 宇野 亜喜良
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「魔もののおくりもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784097260028

四六倍判/32頁

出版社からの紹介

ちょっとまぬけな魔物と美少女のお話

村はずれにあるお城に、なさけしらずの魔ものが住んでいました。いつも悪さばかりしているので、村人にきらわれていました。そんな魔ものですが、たまには人を喜ばせてみようと思いたち、村のバザールで使い走りをしている身寄りのない少女を城にさらってきて、幸せにしてやろうと試みました。しかし、魔ものが少女を喜ばせようと、料理を運ばせても、素敵なドレスを着せてみても、少女はいっこうに喜びません。業を煮やした魔ものは、最後に少女を食べてしまおうとしますが……。少女の望んでいた幸せとは何か、…魔ものと少女のやりとりは、ユーモアたっぷりなのですが、このお話には、そんなメッセージがこめられています。

ベストレビュー

いちばんほしいものはなんですか

魔物が、気まぐれでさらってきた少女に欲しいものを与えて幸せにしようとしました。
貧しい少女は、着るものも食べるものも欲しがりません。
魔物の気まぐれは、どうやっても少女のも心を開くことはできないばかりか、自分の身を壊してしまいました。
少女は町のみんなと一緒にいるだけで幸せだったのですね。
そもそも魔物のやり方では、人に好かれることは無理だったのだと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

舟崎 克彦さんのその他の作品

Qはせかいいち / 児雷也太郎の魔界遍歴 / ポプラ世界名作童話(9) ドリトル先生物語 / まるかいてピョン / クレヨンマジック / ここにいる

宇野 亜喜良さんのその他の作品

シンデレラ / きんのおの / 恋人たち / あのこ / 子どもの本の海で泳いで / おおきなひとみ



『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

魔もののおくりもの

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット