ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
いつもなかよし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いつもなかよし

  • 児童書
作・絵: 土田 義晴
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

森の子どもたちの楽しそうな様子

「もりのなかよし」という本の続編のようです。息子はテレビ絵本で見たきつねのこシリーズと絵が同じなので、勘違いしたようでした。きつね、うさぎ、たぬき、くまのこは仲好し。

冬眠明けの春の大掃除からお話が始まります。くまのこが下の子たちに本を落書きされたことで下の子をいじめ、お母さんに怒られて家出するところを読んで、私の子どもの頃の体験と同じようだったので、驚きました。

春から夏にかけての森の子どもたちの楽しそうな様子が伝わってくるお話です。病気のおじいちゃんの代わりに畑仕事をする子どもたちの優しさも垣間見られてほのぼのとした気持ちになりました。

幼年童話なので、少し長めのお話に興味を持ち始めたお子さんにお勧めします。文と絵がつちだよしはるなので、かわいらしい感じがよかったです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


土田 義晴さんのその他の作品

紙芝居 きょうのくだものなんだろな? / くろくまレストランのひみつ / 紙芝居 よもぎだんごぺったん / バレリーナマノン / マユとまほうのてがみ / 紙芝居 たけのこほりほり



未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

いつもなかよし

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット