ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
記憶の小瓶
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

記憶の小瓶

作: 高楼 方子
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年09月
ISBN: 9784861010231

B6

幼い日々がせつなくいとおしい、幸福な記憶に。

ベストレビュー

たかどのほうこののことを知りたくなった時

たかどのほうこの作品を息子と読んできて、たかどのほうこ自身のことを知りたくなったので、読んだのがこの本です。

「月刊クーヨン」に掲載された作品に加筆・修正と書下ろしを加えたエッセイ集がこの本です。

作家になる人は、小さな頃のことをよく記憶していて、そのことが作家としての財産になるということを読んだことがありますが、一歳頃からの幼児期にあったお話が展開されていきます。

子ども特有の思い込みや理不尽に思っても言えなかったことなど、全く同じ経験がなくても、子どもの頃には似通ったようなことや消化しきれなかった思いなどが、読みながら蘇りました。

「従弟の誕生がそうだったように、偶然目の前に現れた誰かによって歪みが矯正され、解放されるということは、時折起こった」という箇所を読んだ時には、最近読んだ「キロコちゃんとみどりのくつ」を思い出しました。

エピソードを読みながら、この話はあの本に活かされているのかもと推理しながら読むのが楽しかったです。

人生を変えるような大きな出来事というようなことは、「記憶の小瓶」では描かれていませんが、小さな記憶の積み重ねが人を構成していくのだなということを感じることはできました。
作品を読んで、たかどのほうこののことを知りたくなった時にお勧めの一冊です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高楼 方子さんのその他の作品

十一月の扉 / ココの詩 / 時計坂の家 / 老嬢物語 / ニレの木広場のモモモ館 / リリコは眠れない



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

記憶の小瓶

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット